少年野球 - 船穂スカイラークス

ニュース

ポータルニュース
2020年1月22日
公式Blog(1/22)vol.1544『ハーフバウンドが苦・・・
詳しく見る

229件のうち20件を表示しています。

[ 前のページへ | 次のページへ ]

2020.01.14   
ポップ管理者完全交代のお知らせ
日ごろからポップニュースをご覧いただきありがとうございます。
前任者から引き継いでの約2年間、皆様の激励や感想を頂けたことでやりきることが出来ました。

当初の目的は、このニュースを通じてチーム、選手を盛り上げる事でした。
それが出来たのかどうかは正直分かりませんが…指導者や保護者を弄ってみたりと…
自由気ままに書かせて頂き、書いているこちらが楽しませて頂きました。本当に感謝しています。

思い起こせば、引き継ぎ当初は1日のアクセス数が100くらいだったものが、
多い日で1日1600アクセスとかまで伸びていたり、平均でも7〜800で推移するようになったり…
誰がそんなに見とんねんとモニターに突っ込んだのは良い思い出です。

良くも悪くも注目されていたであろう船穂スカイラークスのポップニュースを
今後ともよろしくお願いいたします。


ということで 普通のおっさんに戻ります。
2019.12.03   
2019 ルーキー県大会A ぴょん様より
いよいよ迎えた決勝は、「中万グレート戦」!
毎年勝ち上がってくる西部地区の強豪です。
試合は序盤からリードを許す厳しい展開で、粘り強く戦いましたが、2-8で惜しくも敗戦。
負けてはしまいましたが、結果は大健闘の準優勝!!
常にチームを引っ張っていってくれた3年生にとっても、高梁川ルーキーズみんなにとっても素晴らしい経験になりました!
本当におめでとう!!

そしてこの日は各チームから多数の方に応援に来て頂き、大応援団が結成されました。
会場でも1番の大きな声援を頂き、選手たちも思いきりの良いプレーをすることが出来ました!

船穂からは4年生の選手、保護者が応援に来てくれました!
また、5年生、6年生についても時期的に別れての活動になってしまいましたが、多数の応援やメッセージを頂きました。
本当にありがとうございました。

最後になりましたが、連島南、上成、玉島南少年野球の選手たちや保護者の皆様、短い期間でしたが大変お世話になりました。
皆様のおかげで船穂スカイラークスの選手、保護者一同素晴らしい経験をすることが出来ました。
この場を借りてお礼を申し上げます。
そして今後とも宜しくお願い致します。

余談ですが…
船穂の選手たちは試合が終わってもわちゃわちゃ、わちゃわちゃ…
最後にグラウンド挨拶する際も、号令を自分がかけたいとわちゃわちゃ…
最終的に全員が順番に号令をすることになりましたが、ここでもミラクルが起きて保護者は爆笑(詳しくは小林あ◯さんに聞いて下さい)。
このわちゃわちゃ感含めてルーキーの醍醐味だなと感じました 笑
2019.12.03   
2019 ルーキー県大会@ ぴょん様より
12月1日、笠岡スポーツ公園で3年生以下の県大会が行われました。

船穂スカイラークスからは2年生のあきと、そら、1年生のふうしが参加。
連島南、上成、玉島南少年野球との合同チームで「高梁川ルーキーズ」として厳しい予選を勝ち抜き、県大会に臨みました!

迎えた当日、朝一番こそ気温も低く選手たちも少し寒そうでしたが、時間が経つにつれて気温も上がり、気合充分で1回戦「全美作・柵原・作東連合戦」が始まりました。

結果は打線もつながり、14-2で高梁川ルーキーズの勝利!
この試合、9番センターで出場のあきとは3回表に会心のあたりのランニングホームラン!
試合結果のネタバレにはなりますが、この日は3試合でヒット4本、決勝戦では劣勢の中タイムリー二塁打を打ちました。3年生に必死についていこうとした結果が好結果につながりました。

さらにお昼を挟んで迎えた準決勝「FNSサンボーイズ戦」。
この試合も高梁川ルーキーズの猛打が爆発!
19-5で見事決勝進出を決めました!
この試合はそらがライトで県大会初出場!
ボールこそ飛んできませんでしたが、しっかりと構えてボールを呼ぶ大きな声はベンチまでしっかりと聞こえてきました!そらにとって良い経験になりました!

また、この日は試合に出ることが出来なかったふうしは、試合に出たいとギラギラ、ギラギラ…
1年生にしてその負けん気の強さは本当に頼もしい。そのやる気、ベンチでの声はチームの力になりました!

そしてこれは3人ともですが、試合中ランナーコーチ、バット引き、ボールボーイと本当に頑張ってくれました。例え試合に出れなくても自分で考えチームの為に行動し、試合をよく見る。
そうすれば必ず上手くなるので継続していってほしいものです。
2019.11.11   
第34回新人県大会 決勝戦B
そして迎えた最終回。
 8対5。船穂3点リード!
 船穂応援団も力が入ります。この応援が選手たちに届くように…‼ 声もガラガラです…。笑
 六回表…船穂の攻撃終了。
そして六回裏…瀬戸ドリームスの攻撃。
 ピッチャー琉碧、気迫のピッチングで2アウト‼ あと1つ取れば優勝‼
 しかし…琉碧少し手元が狂いだす…優勝目前で緊張とプレッシャー。みんなで手を合わせて祈った…。あと1つ…あと1つ…。
 そんな緊張の中、2アウト満塁という大ピンチ。そして続くバッターにレフトへヒットを打たれ8対7。流れが瀬戸ドリームスに…。

 ここまできたら…琉碧を信じるしかない…
 母も目をつむり、必死に祈る。
 頼む琉碧…。
 みんなの思いを込めた球は…ミットへ…


 審判のジャッジは…
       ストライク‼
   
   空振り三振で見事ゲームセット‼泣。      

             母…号泣です。
 
 この大一番でよく投げ抜いてくれました。
 そして優勝です‼
 夢のようですが夢ではないようです…
 やったぁ〜‼
みんなでつかみ取った2連覇おめでとう‼
 チーム全員が諦めず頑張った結果です。

 優勝はしましたが、これからが本当の戦いです。チームメイトと支え合って、もっともっと上を目指して努力して頑張ってください!
 まだまだ進化系の君たち新人チームに期待しています!本当に優勝おめでとう☆そして感動をありがとう☆

 最後になりましたが、応援にかけつけてくださったすべての方々…皆さんのおかげで最高の結果で締めくくることができました。本当にありがとうございました。
 

   
 ♪心ひとつになって
  ♪追い求めろ 我らの 
   ♪スカイラークスのベースボールを
              ♪行け 船穂〜
      
       
PS 亜希人・昊・風神 
 ルーキー県大会出場おめでとう☆
  優勝目指して頑張れ〜☆
 
 
 
 
 
2019.11.11   
第34回新人県大会A
さぁ玉野球場到着後アップ開始です。準決勝のお相手伊里さんも隣でアップ中。
 お互い対戦相手が気になります。船穂のナインの動きをチラチラ…笑。こちらも伊里ナインをチラチラ…笑。
…まだ選手たち試合モードに入ってないのか…キャッチボールもろくにできていない船穂ナイン。
 本当にこのチーム準決勝まで進んだチームなのかと思わせるほどの様子…苦笑。そうか、わざと相手チームに油断させる作戦か。さすが船穂!そう願いたい…。
 
 さて本日は、玉野本球場です。伊里戦の始まりです。後攻です。
 先発は恵登、ストライク先行で内野ゴロを打たせ、立ち上がりは最高です。一、二回と両者一歩も譲らずの攻防が続きます。
 三回裏。船穂は琉碧のホームランで0対1と先制します。ナイスバッティングでした。船穂陣営大盛り上がりです。
 そして五回裏にも3点追加して0対4で試合終了。6年生のお守りのおかげもあり、決勝へと駒を進めて行く船穂ナイン。 
 
 誰が予想していただろうか…
 だけどここまで来たら負けられない…
 2連覇がすぐ目の前に来ている…
 やるしかない‼絶対に優勝旗を持って帰る‼
 みんなの心が一つになった‼

強豪瀬戸ドリームスとの決勝戦の始まりです。   
 船穂先攻です。一回裏0対2。決勝戦で緊張しているのか船穂の守備のエラーで失点、リードを許します。三回表に3対2と船穂逆転!その裏瀬戸も負けてはいません。3対3と同点となります。
 瀬戸の応援も大盛り上がりです。我がスカイラークスの応援力もさることながら、瀬戸応援団のクオリティの高いこと。保護者同士の応援合戦にも熱が入ります。
 同点で迎えた五回表。船穂は満塁の大チャンス‼ ♪勝たんと船穂に帰れんけん♪の大熱唱‼
 凱丈・優和が四球を選び押し出し、愛翔の三遊間ヒットと相手エラーが続いて、この回一挙5点追加。8対3と流れは船穂へ。
 このままの勢いでいけば…夢の2連覇!もしかしたら本当に優勝できるんじゃないかと。
 …いやいや。…まだわかりません。瀬戸の底力がこの後、船穂にじわじわと襲いかかります。
 五回裏。ピッチャー登輝から琉碧にバトンを渡します。この回瀬戸打線を2点にくいとめ8対5。船穂3点リード。
 さぁこのまま逃げ切れるか船穂…波乱の最終回へ‼ 続く…。

  
2019.11.11   
第34回新人県大会@
今から1年前…この場所で我がスカイラークスナインは優勝という輝かしい栄冠を手に入れ…

そして時を同じくして予選から2ヶ月…頂点を決める大会が開幕した。
 前年度優勝チームの証である、深紅の優勝旗を持って堂々と胸を張って先頭で入場行進です。こんな経験をさせてもらえたことに感謝です。
 是非今年もこの優勝旗を船穂に…。

 中庄ビックボーイズ戦の始まりです。船穂後攻です。
 先発は、船穂の豪腕登輝。立ち上がり四球が続き3点を許します。
試合前…"こんなに緊張している登輝も珍しい"と監督。キャプテンの緊張がチームにも伝染しているのか、チーム全体もガチガチです。苦笑。
 一回裏。なんとかこの流れを変えたい…琉碧デッドボール→登輝の2ベースで1点返します。
 二、三回と登輝の調子も上がり無失点で切り抜けます。
 三回裏。  
♪海よ〜♪祈りの海よ〜♪ 出ました!船穂のハイトーンボイスの持ち主!宏太郎先輩の熱唱から怒涛の反撃が始まる予感♪

 打者一巡の猛攻で一挙6点!
 3対7と点差をひっくり返すビッグイニングとなります。
その後、2点返されるも船穂が逃げ切って5対7で勝ちです。 

 まずは初戦突破!このまま勢いに乗れるか船穂ナイン。本日2試合目、田井野球スポーツ少年団との戦いです。船穂先攻。
 初回、2点先取でまずまずの始まり。しかし、その裏相手に6点を奪われ2対6。
 逆転劇を望み…迎えた四回表…優和のヒットから、船穂の大応援もありこの回一挙7点!
 9対6と逆転します。
我がチームながらこの応援力というものは凄まじいものがあります。
 その後、ピッチャー琉碧も粘り強く好投して10対8と船穂勝利!!
 
 2試合とも船穂の逆転劇で辛くも準決勝進出‼
このまま優勝へと駆け上がるのか…何かやってくれそうな新チームです。チーム一丸となって勝ち取った勝利!
 明日の準決勝☆決勝へと頂点を目指して思いはひとつです!
                 


                 

2019.10.31   
2019 親子大会
秋晴れの中、毎年恒例の親子大会が開催されました。
まず初めに選手、そして父・母含めた地獄のアップです。
最初は談笑しながらの楽しい時間…でしたが段々と口数の減っていく父と母…(笑)
いつも何の気なしにアップを見ていましたがこのしんどさに(苦笑)子供たちはさすがです。。そしてなんとかアップ終了。

さて、選手たちはベースランニング、ストラックアウトなど記録競技を終え、昼からの試合形式の親子対決へと準備はバッチリです。
ベーラン.ストラックアウトとも、さすが6年生‼ 後輩を寄せ付けない記録で、納得の結果だったと思います。

午後からは、お待ちかねの5年生以下vs母・6年生vs父とのガチ対決です!もちろん母も打って守ります‼
いつもは子供の味方の母ですが、この日は最強(?)の敵となります。
 しかし、母チームの騒がしいこと(笑)
ボール打ってはキャー! 取ってはキャー!攻撃も守備も大変です。普段見てるのとやるのでは全然違うよねぇと益々盛り上がります(笑)とっても楽しそうです。
そんな中でも、拓実's母のファーストでのナイスキャッチング‼息子に負けないくらいのナイスプレー☆そして、翔太's母の現役さながらのライトオーバーへの一発‼ナイスバッティング☆
そして何より監督が素晴らしい!綾子監督‼みんなをまとめてナイス采配でした☆

続いて6年生vs父対決です。父は本気モード…

6年生の親子同士でまずは対決です。
父は今まで苦労したこと…楽しかったこと…いろんな事を思い出しながら、ここまでやってきた全ての思いを込めて子供に投げていきます。
その一球一球が重く、心のこもった魂のボールでした(泣)。 

試合には勝ちはしましたが、さすが6年生です。日頃子供達にあれやこれや偉そうに言っていますが、みんな大したもんだなぁと身をもって感じました。
そして、本当に6年生と一緒にプレーすることがこれで最後かと思うと…。。。

それでも笑いあり、感動ありの楽しい1日でした‼
6年生のみんなありがとう!そして5年生以下の選手達は、立派な先輩を見習って悔いの残らないように精一杯頑張ってください‼
ファイト〜☆


 ps 月曜日起きたら体がバキバキの私でした。。。皆さんも無理だけはしないように。

2019.10.20   
倉敷市学童軟式野球秋季大会(お別れ大会)A
そして迎えた最終回、相手の勢いは増すばかり…。万寿打線が爆発します。

満塁ホームラン、サードギリギリのレフトオーバー、ツーベースなど打たれ、船穂自分達のプレーを見失ってしまいます。。

しかし、さすがみんなのキャプテン!どんなに点差がついても晴登は、「おい〜顔が死んどるぞ(笑)と選手に笑いながら声をかけたり、みんなで楽しもーで!!」とチームを励ましてくれました。(泣けます)
六回表終わって17対2。

そして船穂最後の攻撃です。
タイムー!!審判の声が響き渡った!
代打‼ 彪斗‼‼
彪斗が出ると、必ずといっていいほど流れが変わるという幸運の持ち主!
「彪斗!頼む‼」みんなの心が一つになった。相手ピッチャー手元が狂いデッドボール。代走蒼太に思いを託します。
下を向き、ベンチへ戻る彪斗に…
「”ナイスファイト“」と一番に声をかけたのは修☆いい仕事をしてくれた、ありがとう。そんな思いがにじみでていました。

そんな中‼‼気づけば、チャンス到来!またまた追い込み逆襲です‼‼
あっという間に満塁へ‼
船穂の応援団も、
「いけるいけるー楽しめ楽しめ!」と
必死にエールを送ります。船穂3点追加はしましたがここで試合終了。終わってみれば17対5。完敗です。

お別れ大会、強豪チームに立ち向かい、みんな最後までよく頑張りました。

先輩…
6年生らしい団結力。最後まで諦めない全力プレーを見せてくれて本当にありがとう。
先輩方の試合は、みんなの宝物です。

試合が終わり、涙を流す6年生…それを見て涙を流す後輩たち。君たちの後輩は君たちから学んだものをしっかりと活かして、更に強いスカイラークスとなって成長してくれることでしょう。

6年生の皆さん、感動をありがとう‼





2019.10.20   
倉敷市学童軟式野球秋季大会(お別れ大会)@
秋季大会…六年生にとっては最後の大会、そして五年生以下は六年生とできる最後の大会‼
どうしてもこのお別れ大会では、優勝で最後を締めくくりたい!当然狙える実力も整っています。
試合前チーム全体少し緊張気味です…

さて、いよいよ万寿戦の始まりです‼

一回表、初球でまさかのホームランをうたれ思わずみんなも苦笑い。
オッケー‼オッケー‼ここからここから〜‼と励ましのエールがあちこちから飛び交います。
選手たちは、気を取り直して必死に守り、1点に抑えます。
一回裏、相手にできるなら僕にもできる!そんな思いで打席にたったキャプテン晴登‼
ホームラン☆かと思う打球は…
ギリギリフェンスにあたりツーベースhit ‼
しかし、後続繋ぐことができず三回までにらめっこ接戦が続きました。
そして迎えた四回表、ここまでしっかりとコース、そして緩急つけたピッチングのピッチャー祐貴‼
しかし、この回強直球を弾き返され、ここで強力万寿打線にじわりじわりと捕まります。

そんな中…ピッチャー祐貴にグローブをしっかりと構え、強い眼差しを送る拓実‼
そのファースト拓実に何度も牽制を続け、ランナーを必死にアウトにしようと試みます。
祐貴、拓実のこの二人のコンビで何度チームは助けられたことでしょう。
船穂なんとか抑えて四回表で6対0。

その裏「この回でっ‼」とキャプテン晴登が必死にチームを一つにしようとします‼
ですが…打線に勢いがつかず6対0。五回へと進みます。
ピッチャー祐貴から蒼太に変わり、万寿打線を無失点で切り抜けます。
五回裏、我風のセンター前ヒットで好スタート!そして晴登も続き1点 ‼
船穂陣営…
「おぉー‼お得意の後半逆襲追い上げ〜!!」っと盛り上がりと共に期待が膨らむ応援団‼♪夢は〜終わらない〜♪
そしてその期待に答えた拓実!
ライトオーバーを打ち、晴登がホームに返って1点追加!盛り上がりを見せた。
五回終わって6対2。

そして回は最終回へと進みます…。
2019.09.26   
☆おわカレー☆
さて今年も早いものでおわカレーの季節がやってまいりました。
もうこんな時期か…と寂しさを感じながら、6年生と過ごす時間を子供達も保護者も、大切に過ごしていけたらと思っています。

本日は、午前練習の後におわカレーの予定となっています。
朝から…何やらお父さん同士で盛り上がっています(*^^*)

"kコーチは、カレーを手で食べるからスプーンはいらない⁉"とか…なんとか…。かんとか…。
kコーチのいないところでいいたい放題です。笑

さて公民館では…
カレー料理長A子婦人のもと、船穂カレーチームは、80人分のカレーを作り終え…船小へ!

そんなカレーの匂いに集中できないtoki。
練習どころではないみたい…笑。
他にも早く食べたい!と子供達の声…
そして練習も終わり、体育館の中もカレーの匂いでいっぱいです。

そこで
通称…シュークリームおじさんよりご挨拶…(笑)
…からの無茶振りで〇〇teacher突然の…
パ~パ~パ~🎶 最高のファンファーレ🎶
おわカレーのスタートです‼

しびれをきらしていたtokiの食べるのが早いこと(笑)最初のおかわり君は…もちろん期待通りの toki…
カレーは飲み物、スープみたいなものらしいです!すごい食欲(^w^)
みんなで美味しく頂きました!

そしてお腹もいっぱいになったところでスゥイーツタイム!
監督よりワッフル、シュークリーム、ブッセを頂きました。

おっと〜‼
そこへ甘い匂いに寄せられて目を輝かせて子供達よりも早く来たのは…?!

ポップ軍団長こと(笑) スウィーツおじさん~‼と…〇月組の組長(笑)の姿‼
二人仲良く登場です!
コーヒーを片手に 、 別腹よ~🎶と満面の笑みでスゥイーツを手にとっておられました笑。

みんな美味しいカレーも食べて、スウィーツまで頂き大満足でした。
5年カレーチーム !そして監督!
ご馳走さまでした。ありがとうございました。

そして最後に円陣を組み、みんなの心が一つになりました!

おわカレーの思い!6年生へ届け‼

心はひとつで優勝へ‼

皆さま、素敵な☆おわカレー☆をありがとうございました!

2019.09.20   
2019ジュニア倉敷予選 ぴょん様 作。
編集が遅くなりすみません…ジュニア戦のはじまり…はじまりです。



いよいよやってきた四年生以下のジュニア大会。今年は玉島南、船穂スカイラークスの合同チームで望むことになりました。

2週間という短い活動期間でしたが、練習、練習試合をこなしていく中で、急速にチームとしてまとまり笑顔が増えていく選手たち。

てるま、ゆうわ、しょうた、みわ
あきと、そら、りゅうせい、ともき、そうた、はやと、ひなの
ふうし、ゆうせい

みんなで勝利を目指して一回戦西阿知戦に望みました。

試合は手に汗を握る接戦。。
終盤に相手に5点をとられ絶対絶命も、選手は誰一人諦めておらず、その裏に5点を取り返す全員攻撃!応援席も大盛り上がり!!

このままの勢いでいけると望んだスペシャル!
みんなで守り、みんなで攻めましたがあと一歩及ばず9-10で敗戦。

試合に負けた悔しさ、合同チームが解散する悲しさからか、選手たちは号泣し、涙涙の解散式になりました。

ただ、本番で最高のパフォーマンスを見せてくれた選手たち。多少のミスも全員で取り返す集中力、底力に本当に驚かされました。

今回の経験をいかし、良きライバルとして切磋琢磨し、レベルアップしていって欲しいものです。

today's hero
全員!!

佐野監督、武本コーチ、小林コーチ
保護者の皆様、選手
本当に短い期間でしたがチーム全員でまとまり活動することが出来ました。
その思いに応えてくれる選手たちには本当に感動しました!

玉島南の皆様、
色々とお世話になりありがとうこざいました!選手たちが本当に素晴らしい経験をすることが出来、楽しく野球をすることが出来ました!
同じ地区として今後とも宜しくお願いします。

最後になりましたが、
船穂スカイラークス6年生、5年生の大応援団の皆様、熱い応援をありがとうこざいました!
存在が本当に心強く、選手たちも安心して全力プレーをすることが出来ました!
「心はひとつ!」
船穂スカイラークスのスローガンの通り、全員野球をすることが出来ました!
この場を借りてお礼申し上げます。



以上ぴょん様☆ありがとうございました


2019.09.19   
2019キャッチボールクラシック岡山県大会
あーっと どうしたーーー 船穂…

開始早々に悪送球…
受け手が取れずに後逸、カバーも間に合わずボールはグラウンドを転々と…

♪ 届け! 奇跡じゃなくていい〜 美しくなくていい〜 ♪(Official髭男dism 宿命)

必死の中継、しかし大幅なタイムロス…昨年の悪夢が脳裏をよぎる…

それでもここから本領発揮。
宏太郎、祐貴、我風がリズムを作り出す…

いける! このペースなら…

保護者のカウントでは100回超え、しかしラインオーバーがあり…まさかの91回
グループ上位5チームが2回戦に進出できる1回戦を…4位通過で2回戦へ…

どん底からのスタート…


昨年の倉敷予選2位(首位と1差)
今年の倉敷予選3位(首位と1差)

船穂に立ちはだかるのは僅か1回の壁…

乗り越える、そして今年こそ…目指すは県ナンバー1!
全国大会は日帰り可能な愛媛県、狙わない訳がない…

2回戦、地獄の淵から舞い戻った船穂の選手たち
UJコーチからのアドバイスを受け再び戦場へ

細かいミスはあれど大崩れはせず114回、グループ首位通過。
1回戦で児島ヤンクウェーブが記録した最高記録の115回に惜しくも及ばず…


そして決勝戦
首位を、そして最高記録を目指して競技スタート

さすがに決勝となると大崩れするチームも少なくハイレベルな争いが見られた。
我らが船穂も大幅なミスはない。


結果発表…

1位、112回の連南…2位は111回、船穂を含む3チームが並んだ…
2位決定戦、1分間のサドンデス、レインボーズがトップで第2位。
旭丘と船穂はここでも同数、再度決定戦に。
この決定戦に勝利し3位でキャッチボールクラシックは幕を下ろした。

3位の賞品はバットケース。以前から購入を検討していた賞品…
越えられなかった1回の壁、しかし欲しかった賞品はゲットと随所に船穂らしさが見えました。
何よりも6年生全員が出場して残した記録…それが最高に誇らしい!


最終結果:111回で3位(首位と1回差)
最高記録:114回は2位(首位と1回差)


Today's Hero UJコーチ & SUGURU理事 & ピョン審判員

UJコーチ:1回戦の危機的状況を救った的確なコーチング、早くも続投要請が…
SUGURU理事:いつも運営、準備にありがとうございます。大会をまったり楽しませていただきました。
ピョン審判員:翌日のジュニア戦が控えているにも関わらず、最後までありがとうございました。
2019.09.18   
☆ポップ軍団からのお知らせ☆

ジュニア大会お疲れ様でした‼
君たちの諦めない姿に誰もが感動したことでしょう‼
負けはしましたがよく頑張りました!
この悔しかった経験を次にいかして頑張っていってください!


さて突然ですが、今回なんとっPOP軍団!に新加入の…
船穂の〇流スター!
ぴょん様たっての希望により、ジュニア大会倉敷予選のPOP記事を書いてもらうこととなりました!
さぁ乞うご期待です‼



☆ぴょん様劇場のはじまり☆はじまり☆です‼
2019.09.15   
第26回山陽新聞スポーツ倉敷杯B
9月1日
児島ヤングウェーブ戦 後攻

朝から雨…この悪天候の中…迎えるは強敵 児島‼
"強い相手だからこそ、気持ちで負けない、自分たちのプレイ!" そんな思いから始まった。

1回表。ピッチャー琉碧、雨でボールがうまく握れない状況でよく投げきりました。
1回裏。琉碧と登輝のヒットで0対1と先制します。そして2回表に1対1と追いつかれ、両者一歩も譲らない状況が続きます。
大雨でコンディションが悪すぎます…相手に追加点を許し4回終わって7対2とリードされます。
そして迎えた最終回…点差を広げられ…9対2。
さぁ、船穂最後の攻撃です。
"これが最後の回やっ"と監督の怒鳴る声。
(君達ならできる!やってくれる!船穂の底力を見せてくれ!)と思いを託す監督の姿。

そしてここから船穂の逆襲が!
愛翔のサードゴロエラーによるヒットから、琉碧が四球を選び、輝万のヒットで満塁の大チャンス!一気に船穂に流れがやってきます。
ここで迎えるバッターは登輝!!!みんなの期待を受けて打った打球は!!!
なんと!ライトへの満塁ホームラン‼
スタンドが興奮につつまれ、エビバディで応援団も盛り上がります!
しかし船穂の攻撃もここまで。9対6で負けです。
惜しくも負けてはしまいましたが、11月の県大会出場の切符を手にすることができました。おめでとう‼


そして最後になりましたが、我がスカイラークスから2019年度倉敷選抜チームに、晴登と蒼太が選ばれました!
スカイラークス魂を貫いて頑張ってきてください!みんなで応援しています!

2019.09.15   
第26回山陽新聞スポーツ倉敷杯A
8月31日
倉敷ツインズ戦 後攻

一回裏。早くも船穂満塁のチャンスとなり、恵登のライト前ヒットで0対2。続く琉佑のヒットと相手エラーで0対3とリードをひろげます。
その後も順調に試合が進むと思われたが…
3回表…ホームランを浴び1対3。ピッチャー登輝 ベンチを見つめ思わず苦笑い。
その後、優和の好守備に助けられ2アウト。
そして続くバッターを迎えて失点1で切り抜けたいところ…
高く飛んだボールは!
本日ライトを守る…
亜希人のもとへ…残念!惜しくもとれず。
ここでタイム。とれなかった悔しさからその思いを抑えきれず。。。涙。
"悔しいなら、自分で取り返してこいっ‼" と心を鬼にした言葉を受け守備に戻った。涙。
そして迎えたバッターの打球は…またしてもライトへ!

亜希人外野手二度と同じミスはしません!しっかりとって3アウトチェンジです。亜希人のスーパープレイにチームも盛り上がり2対6で勝利です。



Today's Hero
亜希人
君のプレイは、いつもチームが盛り上がります。ナイスキャッチでした!

2019.09.15   
第26回山陽新聞スポーツ倉敷杯@(新人予選)
そして迎えた新人戦…。今回からPOP軍団の〇〇姉(後でやられるかもです🤜笑)隊長から引き継ぎ、新人戦デビューの〇ッシーです。軍団長の圧力を感じながら精一杯書かせて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。

8月29日 。
西阿知ジャガーズ戦 後攻。

慣れないナイターでの試合、先輩達から前年度優勝した優勝旗を受け取り、心をひとつにして臨みました。試合前、降り続く雨をじっと見つめる選手達でしたが…ここで朗報が!なんと雨の影響で試合会場が本球場へと変更に!
選手たちの気持ちも高ぶり、戦闘モード全開です!
1回表。緊張のあまりか…ミスが続き相手先制され4対0…早くもチームに悲壮感が漂っています。
1回裏。"相手が何点だろうが、ここからが僕たちのプレイ!"そんな意気込みをみせてくれた琉碧がまずは塁に出ると、続く輝万のライトへ抜けた打球はランニングホームランとなり、船穂陣営も盛り上がってきました!4対2。
その後、2アウトながらも恵登の三塁打、愛翔のヒットで4対3と点差を縮めます。
そして迎えた3回裏、必死の攻撃で4対4と追いついた船穂!
おっと!ここで我らの軍団長登場です!"やべーな、どんな試合なん?これ?"と笑みが止まらないポップ軍団長‼
そして会長も到着し、船穂の応援が一段と盛り上がっていきます。その後、船穂陣営の大声援のおかげもあり、西阿知を突き放して4対9で初戦突破です!



Today's Hero
輝万
あの初回のホームランでチームを勢いづけてくれました。









2019.08.31   
第26回西日本学童軟式野球大会
8月24日(土)

都島ライガース戦

対戦相手が明かされ、船穂の選手たちが騒めいた…
なになに…選手数74人…6年生14人…の大阪府4位
マルイ杯に次いで1回戦からラスボス的な。
ドラクエでいうゾーマだったり、デスピサロだったり…
ちなみにドラクエ5の嫁選びはビアンカだった…と誰得情報…

名前負けだけはするもんか…
俺たちだってルーキーと新人の県1位チーム!
なーんて強い気持ちで臨んだかどうかは知らないけれど…
大雨の中、開会式… 試合は雨天順延…

いきなり出鼻を挫かれてしまう…

そして一行は海遊館へ〜 
選手の7割が海遊館滞在時間 たったの15分、退場してからスタバに直行。
なんとも小学生らしくない小学生たち…。

逆に意外な人物がこの海遊館を満喫。

その人物とは久しぶりのニュース登場となるKコーチ。
ジンベエザメを見るや、目がキラキラ☆
薄暗い館内では歯もキラキラ☆


〜〜そして翌日〜〜


前日の雨が嘘のように晴れ渡った野球日和の天気。

試合ですが
野球どころ VS 果物どころの俺的1回戦屈指の好カード。

船穂の先発は祐貴。
立ち上がりを責められ1点を失うも
2回、3回と3者凡退に切り抜け完全に立ち直る。

好投する祐貴を援護しなきゃとチャンスは作るも1点が遠い…
逆に4回、安打とミスで2点を失い点差を拡げられてしまう。

しかし5回、琉碧と晴登の安打と犠打などでチャンスを作ると
打席には最初の打席で安打を放っている拓実。
「ちょっと詰まった」とは本人談…
振りぬいた打球はライトへの2点タイムリー

6回には相手のミスで蒼太が出塁、登輝の安打、我風が四球で歩き
無死満塁のチャンス、スクイズを外され挟まれるも蒼太が好走塁を見せ
土壇場で同点に追いつく。しかしこの回、同点止まり。

5回からマウンドにあがった蒼太は2イニングを無失点に抑え
3-3のドローで決着は抽選へ…


朝の抽選会では選手、保護者合わせて47人中12人が賞品に当選という
驚異の当選確率で沸きに沸いた船穂
その流れに乗ってこの抽選でも勝利…といきたかったわけですが…

午前中で運を使い切ってしまい抽選により敗戦

と船穂らしい結末(涙


Today's Hero 拓実

2安打2打点とチームに流れを呼び込む活躍を見せた


最後になりましたが、この大会には初代審判長が応援に駆けつけてくれました。
ありがとうございました!
2019.08.27   
マルイ杯争奪第47回学童軟式野球大会
8月10日(日)

岡山庭瀬シャークス戦

広江グラウンドでの代表決定戦から約1か月…
楽しみにしていたマルイ杯がいよいよ開幕です。

この大会のメインはテレビ放送…と思っている選手と保護者からすれば
マックの全国大会同様に楽しみにしていた大会のひとつ…

しかし初戦の相手はマックの全国大会を10日後に控えている庭瀬シャークス
簡単にテレビ出演はさせてくれそうにありません…

特に準決勝からは試合の模様も放送されるとあってか
映りたがりの選手達は1回戦から力が入りまくりで空回り…

初回の先制のチャンスに4番のバットが空を切ったのを皮切りに…
その裏の守りでは守備陣がポロリを連発…
水泳大会もビックリの4失点と大サービス(注:水泳大会の詳細はお父さんに聞いてね)

2回にも2死後から不運な当たりなどで1点を奪われ早くも5点のビハインド。
いつもなら選手も保護者も半分諦めている場面…

しかし粒江戦での経験が糧となった今、諦めムードは見当たらない。

3回、先頭の晴登がセンターオーバーの二塁打で口火を切ると
宏太郎が四球を選び1死1、2塁のチャンス、
打席には初回のチャンスに三振を喫している蒼太、
振りぬいた打球は左翼手の頭上を越えていき2試合連発となるホームランで3点。

その裏の守り、流れは船穂のまま簡単に2アウトを取る…
しかし四球と不運な安打などで流れは一気に庭瀬に傾き一挙6失点…

5回に登輝の安打、祐貴の二塁打などで2点を奪うも3回の大量失点が響き
1回戦で敗退…念願のテレビ出演とはいかなかった。

とはいえ開会式前のチーム紹介はバッチリ放送されています
野球の事よりも船穂のマスカットの紹介が目立っていたかもしれません…

「船穂町のマスカットと僕たちの野球を召し上がれ♪」


Today's Hero

負け試合にHeroは…いません
2019.08.09   
倉敷フェスティバル予選
8月4日(日)

西日本大会まであと20日を切りました。
夏休みの宿題の進み具合はいかがですかー?
夏休みに入って最初の練習日にコーチから告げられた言葉を覚えていますか?
遠征までに終わらせてノーストレスで大阪に向かいましょう。


さて…雨で流れた一昨年、あと一歩及ばなかった昨年…
縁のなかった倉敷フェスティバル…今年はどんなドラマが…


玉島南戦

船穂が苦手としている彦崎に圧勝し勢いのある玉南
顔なじみが在籍しているチームとあって楽しみにしていた対戦です。

2回、蒼太の二塁打を皮切りに登輝、祐貴、修の4連打に我風の犠打で2点を先制
5回には晴登が二塁打でチャンスメイク、拓実が犠牲フライでランナーを進め、
蒼太の内野ゴロの間に1点、そして登輝の安打で更に1点
7回には相手のミスで出たランナーを登輝のこの試合3本目となる安打、
祐貴の二塁打などで一挙に4点を追加。

投げては3投手の継投で玉南打線を2点に封じ込めた。


上成戦

船穂が苦杯を喫した連南に打ち勝ち、市長杯準優勝の強打の上成
何がなんでも先制点を取って試合の主導権を握りたい。

初回、先頭バッターは晴登、
相手エースの3球目…振りぬいた打球は弾丸ライナーで
70メートルラインを越えるホームラン

4番 蒼太はフルカウントに追い込まれ3球ファウルで粘ったあとの9球目
大きな放物線を描いた打球は左中間へ…線審の手が回る

今シーズン3度目のHS砲揃い踏みで2点を先制

3回、晴登と祐貴が安打で出塁すると打席には 登輝、
レフト前に落ちる安打で2者が生還しリードを4点に拡げる。

しかし、上成打線も黙っていない…
3、4、5回に先発 祐貴を責め立て1点差に詰め寄る。

最終回の船穂の攻撃、相手投手の制球の乱れと
拓実、蒼太、宏太郎、我風に長短打が飛び出し3点を追加し
追いすがる上成を突き放した。


この結果2戦2勝とし倉敷フェスティバル本大会に進むと同時に、
マルイ杯の初戦に弾みをつける戦いが出来ました。

いよいよマルイ杯初戦まであと僅か、ジョーズでも見て寝ます。


Today's Hero 晴登&蒼太&宏太郎

晴登:本塁打を含む3安打、上成戦では全打席出塁しリードオフマンとして躍動
蒼太:投げては救援で3イニングを無失点。本塁打を含む3安打3打点と勝利に貢献
宏太郎:玉南戦では3回を完璧に封じ込め、上成戦では最終回にとどめの一打を放った
2019.07.17   
代表決定戦
7月6日(土)

粒江ビッグスター戦

敵は対戦相手だけはなかった…
マルイ杯出場という目標を前に緊張の色が見える船穂の選手たち

負けても次があった連南戦…
絶対に負けられない粒江戦…

とくれば、そりゃ緊張もするわな…

その上、粒江の打線は迫力満点
投手のコントロールミスは常に長打を浴びる危険が潜んでいた。

そんな粒江打線を相手に警戒しすぎたのか?4回終了まで常に先頭打者を歩かせる展開…
でもってそこから捕まり毎回失点の6点のリードを奪われてしまう…

どこかで修正できたんじゃねーの?
たまらなく応援席から口を出してしまう自分(反省

あと1点でコールド負けというギリギリまで追い詰められたチーム。
ここで追いつかなければ時間切れという中で最後の攻撃となった5回表…

そんな極限の状況で完全に開き直った船穂の選手たち。
只、次の打者に繋ぐ、そこに全力を注いだ…(それ出来るならもう少し早い段階でやってよ

繋ぎに繋いで同点に追いついたことで息を吹き返しました。

スペシャルに入ってからも、繋ぎのバッティングで5得点
その裏に3点を返されるという最後までハラハラの試合… 5歳は老けたわ…


対戦相手の粒江ビッグスターさんの分まで
マルイ杯で暴れて欲しいものです。
気持ちで負けなければ、あんな逆転劇も起こせることを身をもって体験できました。


Today's Hero 

選手全員が仲間を信じて次に繋げることで勝利に沸いた船穂、
ひとりひとりがそれぞれ自分の役割を果たした。
その中でも、2安打の宏太郎、拓実、登輝、相手のホームラン性の打球を好捕した琉碧

上に並べた選手にあげたい気持ちもあれど…

先輩たちの逆転を信じてベンチで声を出し続けた1人の選手…
試合には出られなかったけどチームに貢献。

試合終了後には「声を出しすぎて声が枯れた」と言ってきました。
こんなアピール嫌いじゃない。
たまにはそんなHEROがいても良いじゃない。

父親は二日酔いで遅れて現れたけれども…
優和、あんたがHERO!
[ 前のページへ | 次のページへ ]