少年野球を応援するコミュニティポータル - ポップアスリート

少年野球のコミュニティポータルサイト ポップアスリート

ポップ係長のチーム訪問体験レポート

読売KODOMO新聞

ポップアスリート野球教室レポート

2009年10月10日(土)

第1回ポップアスリート野球教室in札幌

10月10日(土)記念すべきポップアスリート北海道のFCこけら落としとして第1回北海道野球教室が札幌市内にある美香保野球場にて開催されました。

主催:ポップアスリート北海道地区 運営事務局 株式会社ファイバーゲート

今回は初めての試みではありましたが、9チーム約150名の子供たちが集まってく れました。
講師はポップアスリートカップ大会会長である高代延博さんと 社会人野球の強豪チームであるJR北海道の沖津選手・松原選手・畑選手の3名 にお越し頂きました。

前日の天気予報で雨でしたが、当日は青空の広がる天候の下、午前・午後の2回に分けた野球教室に 多くの子供達が真剣に取り組んでくれました。
今回は低学年〜高学年と幅が広く、指導にもバラつきが出るのではと心配されましたが、高代先生の「私が話をしている時は、必ず目を見てね」という子供たちが取り組みやすい環境を作ってくれたおかげで、最後まで子供達は飽きることなく練習できたのではないでしょうか。

野球の基礎となるキャッチボールをみっちり行った後、2か所に別れての内野集中 ノック。
(ちなみにノッカーは沖津選手と松原選手)そして外野ノックへと進んで行きました。
高代先生は時折プレーを止め、身振り手振りで子供達への指導を繰り返していました。

そして最後は走塁練習。
1塁ベースの走り抜け・安打時の1塁ベース回り込みなど、無駄の無い走りするために実技を交え、時にはイチロー選手などのプレースタイルを会話に盛り込むなど、子供達の興味は尽きませんでした。
まさにWBC2009ジャパン守備走塁コーチならではのスペシャルプログラムを体感できるという貴重な時間だったように思います。

最後は、高代先生がWBC金メダルを子供達に披露し、全員の記念撮影で野球教室は締めくくられました。

こけら落とし野球教室in札幌 午前の部

こけら落とし野球教室in札幌 午後の部

野球教室トップへ

ポータルトップへ