Archive for the ‘TEAMノンフィクション’ Category

PostHeaderIcon vol.652 『山陵クイーンズさんからメール』

一昨日、奈良の山陵クイーンズの取材記事を掲載致しましたが、

その後管理者さんからメール頂きました。

そのメールを見て一部の事実が抜けていた事を思い出し追記をします。

今年の春、山陵クイーンズを長らく率いておられた監督が亡くなられたんだそうです。

大きな柱を失ったことで選手にも動揺があったとの事。

更にベンチワークと選手の動きのズレなども見え隠れし、選手達には本当に

悪い事をしたと管理者さんはおっしゃっておられました。

また6年生の保護者であるコーチさんの「ポップアスリートカップに今年は出たい。」と

いう強い願いが参加実現の背景にあった事。

色んな想いのつまったポップアスリートカップで関西クライマックスに出られたことは

「子供達の努力も重なり、大きな夢を見せてもらった。」というのが管理者さんの感想。

またメールには「ほっともっとフィールドスタジアムでの開会式に始まり、地区予選、

関西クライマックスと本当に楽しく、本当に思い出深い大会でした。」

「もし子供達がこのポップカップにやり残したり、悔いが残ったとしても、

これから中学校、高校で取り返してくれることと信じております。」との意見の後に

「これからも多くの子供たちの夢のため、ご尽力ください。

スタッフみなさまのご活躍を期待いたします。」との激励の言葉で締めくくられておりました。

お会いしたのはクライマックスを含めても2回だけですが、

何だか自分勝手に、たくさん話しをし合った仲のような気分になりました。

山陵クイーンズ 管理者様、元気の出るメールをありがとうございました。

【写真】
奈良予選優勝の賞状をポップアスリートカップ運営本部長から受け取るクイーンズ主将

PostHeaderIcon ポップ係長ブログ 「ある監督のお話」

今日は、選手を思えばこそ信念を貫く姿が印象的だった監督のお話。

とある強豪チームの監督がチームを受け持ったのは彼らが4年生の時。

体格的にも素質溢れる選手達は順調に成長し、最上級生になると地元でも有力チームに挙げられるまでになった。
彼らの6年時の通算勝率は9割を越えたというから、常に勝利を期待されるチームであったのでしょう。

そんな好成績を残しながらも、監督は一度も選手達をほめたことが無いという。
それには賛否両論あるところでしょうが、監督はまだまだ可能性のある選手達の、成長が止まってしまうのではないかという想いから常に厳しく接したそうです。

そんな彼らの卒団式がやってきました。

首から重たくなるほどのメダルを下げた彼らに向かって監督は
「素質溢れる君たちを預かり、負けることの許されないプレッシャーをワシはずっと感じていた。」と言いました。

そして最後に彼らをほめるのかと思うと
「君らにはまだ先の野球人生がある。だからまだ褒めないし、ありがとうとも言わない。」と締めくくった。

それはT監督の頬を一筋の光が流れ落ちる瞬間でもあった。

20100119-bn_ecblog.gif
20090827-blog_banner500.jpg

Pick up words
Archives

You are currently browsing the archives for the TEAMノンフィクション category.

Search