Archive for the ‘ポップアスリート星野仙一杯’ Category

PostHeaderIcon vol.1663『メルマガ文字化けの対処法について』

 

いつもありがとうございます。

ADかわたんです。

今年の2月ごろ、メルマガ配信の形式を「テキストメール配信」から「HTMLメール配信」へと改修を行いました。

そちらに伴いたまに頂くようになったお問い合わせが、「メールが文字化けして読めません」というものです。

現状、iPhoneのメールアプリを使ってメールを受信いただいている方は文字化けをする恐れが高く、こちらで講じることができる対処法もありません…。

大変恐縮ではあるのですが、現状で対応可能な対処法は下記の2パターンとなっておりますのでご確認いただけますと幸いです。

①iPhoneのメールアプリ以外でご確認頂く

②メルマガと同様の内容を確認頂ける下記ページを閲覧頂く

http://www.pop.co.jp/melmaga/manage_mailling.php

ご迷惑をおかけして大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

PostHeaderIcon vol.1657『ポップアスリート第15回大会について』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

ブログのコメント等にもお問合せが入っております
第15回ポップアスリートカップについての状況をご説明いたします。

先日14回大会ファイナルトーナメントが新型コロナウイルス感染拡大の
影響により中止を発表するに至りました。

これによりファイナル出場権を有していたチームの無念を察しますと
未だ緊急事態宣言が解除されない状況において
第15回大会の告知をすることは適切ではないと考えております。

過日2月中旬以降のエントリー開始を告知いたしましたが、
健全かつ安全な大会運営に向けて多くの皆様のご理解を得る
タイミングを待つことが適切だとの判断です。

エントリーを心待ちにしてくださるチームの皆様におかれましては
まことに申し訳ございません。

今しばらくの猶予を頂けますようお願い申し上げます。

PostHeaderIcon vol.1656『ポップアスリート公式インスタでノーサイドフォト発信中』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

ポップアスリート星野仙一杯では試合が終わった後に、
「ノーサイドフォト」と称して
両チームの健闘を称えあった記念写真の撮影をお願いしておりました。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響を懸念して撮影は任意※

写真は試合終了後が基本ですから勝敗が決した状態なんですが、
そこには多くの笑顔があふれておりました。

あまりに素敵な写真なのでポップアスリート公式インスタグラムで
公開しております。

この機会に是非ご覧くださいね。
※フォローもよろしくお願いします<(_ _)>

ポップアスリート公式インスタグラム

試合中のプレー写真などがあればもっと躍動感があるのでしょうが、
記念撮影は全員主役ですから、ポップアスリートの理念には合いますね。

2021年度もこのような写真が集まればいいなぁ。。。

PostHeaderIcon vol.1655『ファイナルトーナメントフリーマガジン』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。
昨日、第14回ポップアスリート星野仙一杯ファイナルトーナメントの
中止を発表致しましたが、これまで多くの準備をして参りました。

その中に、ファイナル直前号というフリーマガジンも含まれます。
この冊子は毎年ご用意してますが、
内容はほとんど参加チームに関連することなので、
個人情報保護の観点からもその存在はファイナル出場チームしか
知らなかったりするものでもありました。

もちろん今年もファイナル出場チームにはお送りして
手に取ってもらう予定ですが、
出場チームの集合写真も載っているのでご紹介しようと思います。

※少しボヤけてますがこれは画像ファイルだから

中身は全チームの登録選手のプロフィールなどを掲載。
意気込みなどもチームの独自色があっていいんですよね。

ポップ係長はこれ見ながら注目選手の確認をしています。

特に14回大会は強豪チームが勢ぞろいでしたので
その中にも楽しみな選手が多かったです。

それだけに本当に残念でなりませんね・・・。

ファイナル出場チームの皆様今しばらくお待ちくださいね
<(_ _)>

PostHeaderIcon 『第14回ポップアスリート星野仙一杯ファイナルトーナメント中止』


1月の緊急事態宣言発出に伴い、自粛しておりました
第一回くら寿司・トーナメント 第14回ポップアスリート星野仙一杯
ファイナルトーナメントの開催中止を決定いたしました。

当初2月20日の延期 開催の準備を進めておりましたが、
緊急事態宣言が延長され、静岡県から県外者移動自粛要請が
解除されない見通しであることから
まことに残念ではございますが、中止の決定に至ったものであります。

開幕の遅れ、1月時のファイナル延期など
参加チーム、ボランティアで構成された実行委員、
大会を支援頂いた一般企業様には多大な
ご理解とご配慮を頂きましたことを
この場をお借りして御礼申し上げます。

PostHeaderIcon 『第15回ポップアスリート星野仙一杯のエントリーは2月から』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

ちょこちょこお問合せを頂いている第15回ポップアスリート星野仙一杯に
ついて現状をお伝えいたします。

・チームによる大会エントリーは2月中旬~を予定

・エントリーチームによる大会参加承諾は3月下旬を予定

・オンライン大会説明会は5月初旬を予定

・キックオフは5月中旬

間もなく概要ページをアップできると思います。

★今できる事!

1.未登録のチームは当然ポップアスリート新規チーム登録申請
※毎年同じチーム名で登録申請頂くことがありますが、
重複登録は認められておりませんので、既存の管理者様から
引継ぎを行っておいてください。

2.大会参加はチーム内の保護者10名以上の承諾が必要。
今のうちにチーム内会員登録を進めておいてください。

・・・
例年行っていた開会式等の開催は現在検討中です。
追ってご連絡申し上げます。

PostHeaderIcon 『第14回ポップアスリート星野仙一杯ファイナルトーナメント調整中』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今年初めてのブログというか、お知らせというのか
最初の投稿が「ファイナルトーナメント開催自粛」という
悲しいお知らせになってしまいました。

多くの方から、励ましのお言葉や激励のメッセージを頂きましたが、
何より残念がっているのは出場チームの皆さんだと思います。

結果的に1月8日に発表をしてからも
大阪・福岡・愛知のチームが緊急事態宣言の対象になっていたので
開催は無理だったでしょう。

とは言え、主催者として可能な限りの調整は続けております。

今年度たった一つの「学童野球日本一」の称号の
可能性はまだ消えてはいません。

今はただ緊急事態宣言が解除されることを祈るばかりの日々です。

PostHeaderIcon 『第14回ポップアスリート星野仙一杯ファイナルトーナメント開催自粛について』

 
2021年1月8日、静岡県において
緊急事態宣言の発出された一都三県の方々の
訪問自粛要請が出されました。

この発表を受け、1月16・17日に草薙球場での開催を予定していた
第14回ポップアスリート星野仙一杯ファイナルトーナメントの開催を
自粛する決定を致しました。

関係する皆様におかれましては、
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

現在、代替日程での開催可否を関係各所と調整しております。

PostHeaderIcon vol.1645『熱闘通信!東海CX3rd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

さあ東海CX最後の第三試合

王者『 富士シャーク 』vs 強打『 名古屋ウエスタンズ

初戦、スタートダッシュが出来なかった富士シャーク、
この試合は堅さが抜けたのか序盤から猛攻をしかけます。
初回はエラーのランナーを3番市川選手がタイムリーで迎えて
先制。
3回は2四球のランナーを4番加藤選手の2点タイムリーで
3対0と突き放します。
相手のミスを点に結び付けるこれ以上ない展開、これは
王者の独壇場かと思われた4回表にウエスタンズが反撃。
2死からエラーと死球のランナーを1番太田選手がセンターへ
タイムリーを放ち1点差に迫ります。
更に5回は沈着冷静な富士シャーク畠山主将がマウンドに上がるも
制球が定まらず、ランナーを貯め暴投による失点したタイミングで
石嶌選手にスイッチ。
しかし変わった初球が再び暴投となりウエスタンズが逆転に成功。
タイムアップも気になる時間に入りつつ5回裏の富士シャーク。
山口選手が四球で出るとすかさず2盗に成功。
ここで先ほどマウンドで乱れた畠山主将の神業バントが
内野安打となり2人のランナーが出塁すると
4番の加藤選手が犠牲フライを上げて同点、更に5番の小野田選手が
内野安打で勝ち越しに成功。
6回表のウエスタンズの攻撃を先の回からリリーフした石嶌選手が
無安打で抑えて、歓喜の勝利をGET。

同点の場面でリリーフした石嶌選手は第一試合でも登板していたため
球数を抑えて欲しい期待に見事応える20球リリーフでした。
まさにミスした選手を全員でカバーする富士シャークらしい
試合となりました。

富士シャークは前年度優勝によりファイナル進出枠を保持しながらも
自分たちの手でファイナルをつかみたいというチームの判断で
見事クライマックス制覇し、実質の3年連続ファイナルを確定しました。
それにより名古屋ウエスタンズのファイナル東海代表も確定。

富士シャークの強さはここにある気がします

名古屋ウエスタンズはこのクライマックスでは9番を務めた
安藤主将が守りではチームを引き締め、
攻撃でも要所要所で存在感を発揮していました。
(ひょっとすると本来の打順では無いのかもしれませんねぇ)

縁の下の力持ちのような安藤主将

しかし毎年スンナリ終わらない東海CXですが、
やっぱり今年も大接戦でした。
今年のファイナルも東海地区が中心に動きそうな予感ですね。

PostHeaderIcon vol.1644『熱闘通信!東海CX2nd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は昨日に引き続いての東海CX2ndプレイバック。

初のクライマックス進出となる 名古屋ウエスタンズ

三重からは2度目のクライマックスとなる「てい水野球少年団 」の戦い。

第一試合と打って変わってこの試合は前半から動きます。
ウエスタンズ表の攻撃は1番太田選手・2番後藤選手の連打で
いきなりのチャンス。3番青山選手がキッチリ送って2・3塁。
続く4番の臼井選手がレフトへのタイムリーで2点を先制。
まるで高校野球のような効率の良さを見せると、
5番の越仮選手には再び送りバント。
この送りバントがこの試合のポイントになったかもしれませんね。
その後エラーを誘発し2点を追加しいきなり4得点のアドバンテージ。

しかしてい水は既に1試合をこなしてきたリラックス感があり
裏の攻撃にじっくり攻めに転じます。
2死から3番村田選手・4番小川選手・5番林選手の3連打で
チャンスを作ると6番澤田選手が押し出し死球。
押せ押せムードでしたが、次のシーンで守備妨害の反則が出てしまい
この回の攻撃が寸断されてしまう。

その後も激しい展開が予想されたが、
なんと試合は両チームランナーを進めるも共に0行進。
これはお互いの守備陣が踏ん張ったと言うべきですね。
初回の得点のまま4対1でゲームセットを迎え、
てい水のクライマックス敗退が確定してしまいました。

安打数はウエスタンズが8本、てい水が7本ですから
ともに打力は発揮しながら、
要所ミス無く締まった好ゲームと言えるのでしょう。

2度目のCXとなった「てい水少年野球団」。
充分ファイナル進出するだけの実力を持ったチームでした。

【番外編:キラリ☆ヒロイン列伝】
てい水少年野球団の背番号7藤村選手。
打順は7番ですが、打力あるチームにおいてポイントのシーンに
巡り合うことがとても多い。

王者富士シャークに最後まで余裕を持たせない原因を作った
チャンスでの快打、最低でも内野ゴロが欲しい場面で
いともたやすくゴロを転がし得点につなげました。
逆に名古屋ウエスタン戦でも彼女にキーポイントのシーンが巡って
くるのですが、凡退してしまったことからも
いかにキーとなる位置づけであったかが伺えます。
とにかく 当たり前のことをサラッとやってのける
クールさに印象が残りました。

Pick up words
Archives

You are currently browsing the archives for the ポップアスリート星野仙一杯 category.

Search