Posts Tagged ‘てい水’

PostHeaderIcon vol.1643『熱闘通信!東海CX1st』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は11月に行われた東海クライマックスプレイバック!

参加チームは昨年チャンピオンながら予選を制した 富士シャーク

初のクライマックス進出となる「名古屋ウエスタンズ」

三重からは2度目のクライマックスとなる「てい水野球少年団

第一試合は富士シャークvsてい水
前半3イニングはてい水が3塁までランナーを進めるものの
決定だが出ずに共に無得点。
そのストレスが溜まりかけたのを見逃さないのが王者シャーク。
クリンナップが出塁し内野ゴロでランナーを返す
そつない攻撃で5回裏で2得点。
しかしその中にも不要なアウトが気にかかる。
それが6回表のてい水の攻撃に繋がります。
こちらもクリンナップの出塁を機に小技と足技で振り出しに戻す。
いつもの富士シャークならその裏タイムアップ寸前でサヨナラ勝ち!
といきたいところですが、てい水の変わった橋本投手が踏ん張り、
試合は特別延長へ!
てい水の攻撃は9番南選手から、ピッチャーゴロを打つもこれがエラーを
導き1得点。更に満塁が続くシーン。
多くの試合を見て来ましたので、ここでズルズルいくシーンが頭をよぎる。
王者危うし。。。の場面で1番山口選手の当たりはレフトフライ。
そこからショートの畠山主将のカットで繋ぎタッチアップのランナーを
刺すビッグプレー!

これがこの試合のポイントのシーン

常に試合の中で周りに気を配り続ける王者のキーマン畠山主将にとっては
いつも通りのプレーでしょうが、これは唸らずにいられません。
そのまま1失点でしのいだ富士シャークは、
裏の攻撃で8番中村選手が初球をレフトにはじき返し、
2者生還のサヨナラゲーム。
最後があまりにもアッサリし過ぎなのが拍子抜けになるくらいの
一瞬劇でした。
ヒット数は富士シャークが3本、てい水が5本ですから
流れはてい水ペースだっただけに、畠山主将のビッグプレーで
勢いを止められた感覚が残るゲームでした。

残りのゲームはまた明日以降!

Pick up words
Archives
Search