Posts Tagged ‘みなべ少年野球クラブ’

PostHeaderIcon vol.1635『熱闘通信!関西CX2ndステージ!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今はクライマックスの真っ最中で、私はたくさんゲームを見てますが、
なかなかそれを皆様にお伝えすることができてませんでしたので
頑張って熱闘通信続けていこうと思います!

会場は大阪市住之江区

さて本日は関西CX2ndステージ!
京都奈良代表を劇的な勝利で潜り抜けた和歌山みなべ少年野球クラブと
強豪ひしめく大阪予選を制した住之江シャークスによるファイナルステージを
賭けた一戦です。

毎年、素晴らしい技術を持った選手を輩出するシャークス。
第10回大会ではファイナルにも進出している毎年強豪チーム。

先攻はホームのシャークス。
みなべのマウンドには背番号3速球派の池田投手。
初回は3塁にランナーを背負うも無失点。
2回は中軸以降を迎える場面で最も悔やまれる四球を出してしまう。
そしてそこに暴投が加わり7番山下選手のテキサスヒットで得点を
奪われます。
しかしその後をキッチリと抑えるのは力のある証拠でしょう。
4回まで投げ切って4安打を浴びながらも1失点と試合を作りました。

シャークスのマウンドには背番号3の東浦投手。
こちらは少し荒れ気味ながらもそれが功を奏して3回1/3をノーヒットで
抑え込みます。
4回1死から出した四球のタイミングでサッと投手交代を見せたベンチワークも
さることながら、ここで交代した松井投手は重い球をズドンと投げこむ剛腕で
後続を断ち切りました。

試合は中盤から淡々と進み、みなべのスーパーガール杉本選手がマウンドに
上がると、見ている指導者からため息が漏れるような好投を見せてノーヒットで
マウンドを降ります。

しかしこの日のみなべはヒットが出たのが6回1アウトからの1本のみ。
最終回には2死からエラーのランナーを出すも、最後のバッターが
力ない内野フライに倒れゲームセット。

住之江シャークスが虎の子の1点を守り切り、関西CXファイナルステージへ
駒を進めました。

【球審:ポップアスリート星野仙一杯公式審判委員 野須氏】

終わってみれば両チームともに球数が90球台と自滅しない試合展開
だっただけに唯一の失点につながった四球が試合の行方を左右する結果と
なりました。

みなべの選手は初球から全力スイングを徹底し、
周りの大人も感心するほどの思い切りのよりチームでしたが、
3年連続のファイナル進出とはなりませんでした。

うなだれる男子選手を尻目に淡々とダウンをするスーパーガール。。。

住之江シャークスは12月12日くら寿司スタジアム堺で二度目の
ファイナル進出を目指します。

PostHeaderIcon vol.1624『和歌山CX覇者はみなべ少年野球!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

先日和歌山代表を決める和歌山クライマックスが行われました。

参加したのは3チーム。

その中には12回大会覇者の「みなべ少年野球クラブ」も参戦。

運営は野須和歌山運営委員長と峯和歌山運営委員が代理で行って

くださいました。

試合概要を送ってくださいましたのでご紹介。

1stGAME  (先)上南部7-6(後)印南黒潮

上南部 武田君の低めをつく安定した試合運びで3-0で優位に試合を進めるも
最終回に波乱が起こり同点で特別延長。
結果、上南部勝利。

2ndGAME  (先)印南黒潮3-6(後)みなべ

初回、先制点を許すが、みなべ4番丸山君の2ランホームランで逆転。
その後も安定した試合運びでみなべの勝利

3rdGAME 上南部0-6(後)みなべ

緊迫した試合展開の中で、相手のミスに乗じて確実に点を重ねたみなべの勝利。

結果2勝をしたみなべ少年野球が、関西クライマックス1stステージに進出。

関西クライマックスは、和歌山代表と京都奈良代表が戦う1stステージ。

その勝者が大阪代表と戦う2ndステージがあり、その勝者が

関西クライマックス3rdステージに進み、2代表が確定します。

少し長い道のりながらもまずは和歌山チャンピオンとなった

ポップアスリート常連のみなべ少年野球クラブがどこまで進出できるか

今から見ものですね。

PostHeaderIcon vol.1503『お詫びと訂正』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

関東開会式で幕を開けた第13回ポップアスリート星野仙一杯。

そのタイミングで製作した大会公式フリーマガジンで誤植がございましたので

ご報告させて頂きます。

【訂正箇所】P14:みなべ少年野球クラブの主将

誤:片山 皓貴 → 正:山﨑 歩太

(片山君は副主将)

片山・山﨑 両選手およびみなべ少年野球クラブ関係者の皆様には

大変失礼を致しました。

ここに訂正して、心よりお詫び申し上げます。

今後はこのようなミスを起こさないようチェック体制を

強化して参ります。

Pick up words
Archives
Search