Posts Tagged ‘四国クライマックス’

PostHeaderIcon 大会情報『四国クライマックス修正日程について』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

9月8日・9日が天候不良につき四国クライマックスの運営を

延期することとなりました。

つきましては下記内容にて要項を修正しております。

参加チームの皆様につきましては下記要項をご確認頂き、

御参加の程何卒お願いいたします。

【第二版四国クライマックス要項はこちらから】

また延期に伴いまして、藤原香川運営委員長には多大なご尽力を

頂いております。この場をお借りして御礼申し上げます。

PostHeaderIcon 大会情報『四国クライマックス日程について』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今週末に迫りました四国クライマックスに関する追加情報です。

あいにく9月8日(土)が雨の予報となっております。

予備日は9月9日(日)で会場が徳島県池田グランドとなっております。

順延の判断についてですが、

9月7日(金)18:00の時点で雨が降っており、

翌日8日に1mm以上の降水確率が60%以上の場合は

7日18時にチーム管理者に順延の御連絡を致します。

また9月7日(金)18:00の時点で降雨が確認されていない場合は、

8日当日6:00の段階で判断しご連絡を入れさせて頂きます。

上記運営は、9月9日の日程についても同様の対応を予定しております。

※両日共に順延の場合は、

9月15日(土)に香川県内のグランドを確保しております。

またチームの活動日程を考慮して17日(祝)のグランドも確保しております。

『本運営に関しましては藤原香川運営委員長の多大なるご尽力を頂いており

参加される皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。』

PostHeaderIcon 大会情報『四国クライマックス日程について』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

明日は高知県の代表が決定予定。

ポップ係長も表彰のために伺う予定にしています。

雨降らないよね・・・?

さて四国は県予選が8月に全て終わる予定ですが、

その後の予定を発表してませんでしたね。

今年の四国クライマックスは比較的四国のヘソ辺りを狙って運営します。

【四国クライマックス運営要項】

既に決勝トーナメント出場を決めている

ディフェンディングチャンピオンの木津ブライトの次に

全国のステージを射止めるのはどの県でしょうね!

今から楽しみです!!!

PostHeaderIcon vol.1374『四国クライマックスレビュー!②』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です<(_ _)>

昨日に続く四国クライマックスレビュー第二弾!

第3試合の代表決定戦です。

第2試合では香川の仁尾ベアーズが高知の多ノ郷ライナーズを8対0で

完封勝利した訳ですが、ここにも1つの伏線が隠れています。

(それは後ほど・・・)

この試合とにかく塁を賑わせたのは城東。

初回は安打2本と1四球、二回は2死四球。この時点で5人の出塁。

なのに2回を終えて丁度打者一巡という少し走塁でチグハグさが

目立ちました。

更には3回、2本の2塁打と2四球なのに無得点・・・。打者は5人で

終了という、負のスパイラルに限りなく落ちていくようでした。

それに乗じた仁尾Bは3回裏に四球で出た二人のランナーをキッチリ送って、

クリーンアップの3連打で3得点。ここまで明暗がクッキリと別れるの珍しい・・・。

その後も城東は5回に2本の2塁打と1四球を活かせず無得点。

これは後で青野監督に聞くと「精度がここまで落ちてるとは思わなかった」

との事。つまり選手の勘が少し鈍っていたために、それまでは成功していた

ものがことごとく失敗に終わったのでしょう。


【城東 青野監督】

そのまま城東は無得点で6回を迎える訳ですが、この回は作戦を変更します。

それまで足でかき回そうとしてたところを動かずに選手の打力に

たくします。

すると四球と安打で出塁した2人のランナーを迎える待望のタイムリーが出るのです。

ここぞの場面に見事応えるのが個々の能力の高さなのでしょう。

この時点で3対2の1点ビハインド。

ちなみに前の回に城東のタイムリーを打ったのは8番バッターへの

ピンチヒッターだったように記憶してます。

彼の打力どうこうではなく、既に仁尾Bの投手は限界が近づいているように

見えてました。

タイムリーを打たれるまでに7四死球ですから、球数も相当数に達しています。

あの時点で投手を交代させることがもしも出来たなら・・・。

そう第一試合で8対0のスコアの時に継投でエースを温存できたなら・・・

というポイントがそこにあったように思います。


【城東 山田主将】

結局、城東の最終回は2つの四球と2つの暴投でチャンスを作り、

守備の緊張感が切れかけたところで渾身の2ランスクイズを

決めるのです。

ここはベンチの攻めの姿勢では無く、選手の自発的な判断が

生んだスムーズな逆転シーンでした。

思えば、仁尾Bの守備陣は仕掛けまくる城東の選手の動きに

疲弊させられてたのかもしれませんね。

その布石が5回までの攻撃とすれば、作戦の変更のタイミングも

併せて抜群の采配だったように思います。

あらためまして「おめでとうございました。」

残念ながらあと1歩のところで敗退した仁尾ベアーズは

今年初めて参加してくれた香川県の代表として大健闘を見せてくれました。

少し涙ぐむ選手も居ましたが、よく粘りの精神を発揮されたと思います。

何よりも試合終了後、自分たちでグランド整備をする姿が

ポップ係長の胸を熱くさせてくれましたよ。


【仁尾ベアーズ選手整備中~】

参加してくれてありがとうございました!

(ポップ係長ブログはコメント自由。下段コメントスペースへどうぞ!!)

【ポップアスリート・ポップ係長へのお問い合わせはこちら】

★ポップ係長ブログがブログランキングにエントリー!読んだ後にポチッとお願いします!★

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
クリックして投票<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1372『四国代表は城東野球軍団!』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です<(_ _)>

9月9日(土)徳島県阿波市にある土成緑の丘公園で四国代表決定戦

四国クライマックスを実施いたしました。

今年は初めて四国四県が出そろう記念すべきクライマックスとなりました。

朝8時半から監督会議を行い、その場で対戦相手を決める抽選会の結果、

準決勝第1カードは徳島羽ノ浦パピヨンと愛媛城東野球軍団

準決勝第2カードは

香川仁尾ベアーズスポーツ少年団と高知多ノ郷ライナーズに決定。

絶好の野球日和の中9時半から熱戦が行われました。

1試合目は城東野球軍団が3対1で羽ノ浦パピヨンに勝利。

2試合目は仁尾ベアーズが8対0で多ノ郷ライナーズに勝利。

迎えた決勝は最終回まで1点ビハインドの城東野球軍団が

2点を取り鮮やかな逆転勝ちで全国代表を決めました!

優勝した城東野球軍団は今年のマクドナルドカップに続く

全国大会出場となりました。

12月9日・10日の神宮球場ファイナルトーナメントに挑みます!

(ポップ係長ブログはコメント自由。下段コメントスペースへどうぞ!!)

【ポップアスリート・ポップ係長へのお問い合わせはこちら】

★ポップ係長ブログがブログランキングにエントリー!読んだ後にポチッとお願いします!★

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
クリックして投票<(_ _)>

Pick up words
Archives
Search