Posts Tagged ‘関西クライマックス’

PostHeaderIcon vol.1635『熱闘通信!関西CX2ndステージ!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今はクライマックスの真っ最中で、私はたくさんゲームを見てますが、
なかなかそれを皆様にお伝えすることができてませんでしたので
頑張って熱闘通信続けていこうと思います!

会場は大阪市住之江区

さて本日は関西CX2ndステージ!
京都奈良代表を劇的な勝利で潜り抜けた和歌山みなべ少年野球クラブと
強豪ひしめく大阪予選を制した住之江シャークスによるファイナルステージを
賭けた一戦です。

毎年、素晴らしい技術を持った選手を輩出するシャークス。
第10回大会ではファイナルにも進出している毎年強豪チーム。

先攻はホームのシャークス。
みなべのマウンドには背番号3速球派の池田投手。
初回は3塁にランナーを背負うも無失点。
2回は中軸以降を迎える場面で最も悔やまれる四球を出してしまう。
そしてそこに暴投が加わり7番山下選手のテキサスヒットで得点を
奪われます。
しかしその後をキッチリと抑えるのは力のある証拠でしょう。
4回まで投げ切って4安打を浴びながらも1失点と試合を作りました。

シャークスのマウンドには背番号3の東浦投手。
こちらは少し荒れ気味ながらもそれが功を奏して3回1/3をノーヒットで
抑え込みます。
4回1死から出した四球のタイミングでサッと投手交代を見せたベンチワークも
さることながら、ここで交代した松井投手は重い球をズドンと投げこむ剛腕で
後続を断ち切りました。

試合は中盤から淡々と進み、みなべのスーパーガール杉本選手がマウンドに
上がると、見ている指導者からため息が漏れるような好投を見せてノーヒットで
マウンドを降ります。

しかしこの日のみなべはヒットが出たのが6回1アウトからの1本のみ。
最終回には2死からエラーのランナーを出すも、最後のバッターが
力ない内野フライに倒れゲームセット。

住之江シャークスが虎の子の1点を守り切り、関西CXファイナルステージへ
駒を進めました。

【球審:ポップアスリート星野仙一杯公式審判委員 野須氏】

終わってみれば両チームともに球数が90球台と自滅しない試合展開
だっただけに唯一の失点につながった四球が試合の行方を左右する結果と
なりました。

みなべの選手は初球から全力スイングを徹底し、
周りの大人も感心するほどの思い切りのよりチームでしたが、
3年連続のファイナル進出とはなりませんでした。

うなだれる男子選手を尻目に淡々とダウンをするスーパーガール。。。

住之江シャークスは12月12日くら寿司スタジアム堺で二度目の
ファイナル進出を目指します。

PostHeaderIcon vol.1633『熱闘通信!関西CX1stステージ!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

各地区の代表チームが続々と確定しておりますが、
今日はクライマックス史に残る激闘をご紹介。

【2020年10月25日】
【 会場:宇治市山城運動公園 太陽ヶ丘第2球場 】
【京都奈良代表 宇治コンドルスポーツ少年団  
vs 和歌山代表 みなべ少年野球クラブ】

宇治コンドルは初のポップアスリート星野仙一杯出場のチーム。
小泉監督に伺うと「くら寿司に行った時にポスターを見て応募しました!」
との事。ちゃんと見てくれてて良かったです<(_ _)>

宇治コンドル:小泉監督

そして相手は全国王者にも輝いたことのある常連”みなべ少年野球クラブ”

試合前のみなべの選手たち

昨年ディフェンディングチャンピオンとして臨んだファイナルでは
6年生が2人しか居ない状況で苦戦を強いられましたが、
そのメンバーのほとんどが今年残るという強みを持って堂々のクライマックス。

勝った方が2ndステージに進む大事な一戦は
逆転に次ぐ逆転の手に汗握る展開となりました!

【試合経過】
先制したのは2回裏の宇治C。
内野安打で出塁のランナーを二死から9番打者(4)がタイムリー。

回が変わった表の攻撃で今度はみなべが四球のランナーを
3番打者(3)がタイムリーで迎え同点。更に盗塁で塁を進めて
5番打者(2)がタイムリーで勝ち越しに成功。

更に回は進み、5回裏の宇治C。
ヒットと四球のランナーを送りバントで進め、3番打者(2)が
2点タイムリーで逆転に成功。
更にそのランナーがエラーの間にホームインし1点加点し突き放す。

宇治Cの攻撃を終えた時点でタイムアップが近付いてきました。
みなべの実質最終回となる6回表は6番(7)から。
しかし2者が倒れ、万事休す。

と、ここでみなべ阪口監督が8番打者に代打(11)を送ります。
するとこの選手がライト戦に安打を放ち出塁。
あと1つアウトを取ればゲームセットの重圧か、
続く9番打者(6)の時に暴投でランナーが2塁へ。
ここで宇治Cにゴロエラーが出て殊勲の(11)をホームに迎え
なんと2死から同点に追いつく粘りを見せます。

6回の裏の宇治Cは1死で1番(8)。この選手の外野フライがエラーとなり
サヨナラのランナーとして出塁したところで、
またもや阪口監督が投手を先発させて球数を残していた(2)にスイッチ。
すると1点も許されないこの場面で2者連続三振に抑えるのです。

試合はここからタイブレーク。
打席に入った4番打者(8)が初球を犠牲フライ。
続く5番(2)は内野ゴロで2塁封殺されるも、2死1・3塁。
盗塁を決めた後に7番(7)がセンター前ヒットで2者生還し
この回3点で裏の守りにつきます。

宇治Cも4番(1)からの好打順。
ゲッツーシフトの内野陣に対して、内野ゴロの間に1点を取ると
5番打者(10)がレフト前のタイムリーで1点差に迫る。
しかしここで投手(2)が踏ん張り2者を抑えてゲームセット。
最後の打者のゴロはショートのファインプレー!!

いやーこれは、クライマックスの中でもトップクラスの攻防戦でした・・・

文章では書き切れませんが、随所にファインプレーが飛び出したことも
試合の緊迫感を高めてくれたことは間違いありません。

宇治コンドルは初出場ながら正々堂々戦いを見せてくれました。
来年も是非参加お待ちしております!

悔しさがにじむ試合後の宇治コンドルの選手

ちなみにポップ係長選出のMVP選手は
みなべの最大のピンチを防いだ杉本選手(2)!
実は・・・杉本選手は女子選手なんですよ。
全く動じない姿勢に鳥肌が立ちまくりましたね。

みなべのスーパーガール杉本選手。将来が楽しみです!

PostHeaderIcon vol.1534『第13回ポップアスリート星野仙一杯関西クライマックス』

 

ポップアスリート公式Youtube「むーたくんTV」

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

本日は間近に迫った関西クライマックスの展望を占います。

※和歌山県がCX参加を辞退されイレギュラー運営となる予定。

詳しくは当日グランドにてご説明いたします。

よって今回クライマックスに出場する5チームのここまでの

様子を振り返ってみましょう。

まずは大阪を制したのは
八祖拡ファイターズ

予選4試合で得点21、失点10という結果。

1試合平均5.25得点、2.5失点ですが、

1点差ゲームを2試合経験している強みがあります。

そして東兵庫は 
猪名川ヤンキース

予選5試合で得点が18(平均3.6)失点が7(平均1.4)。

完封試合が3試合という安定ぶりが不気味です。

全国の大舞台を経験しているという強みもあるかもしれませんね。

そして西兵庫の代表は
東播ナインストリーム

予選5試合で得点26(平均5.2)失点が10(平均2)。

記録だけですと大阪代表と似ていますが、こちらも1点差ゲームを2試合

経験しています。

そして滋賀県は
永源寺リトルスターズ が初CX。

予選は5試合で得点33(平均6.6)、失点が9(平均1.8)

参加チームの中で屈指の得点力を見せています。

決勝を完封で制した勢いと地の利を活かした戦いができるか

見ものですね。

そして最後は参加チーム数が少ない京都。

代表となったのは2年連続となる

長岡京BB野球スポーツ少年団

予選は3試合ながら得点18(平均6)、失点は1(平均0.33)

他のチームに比べて試合数が少ないことはありますが、

二年連続とこの失点の少なさは非常に注目ですね。

関西クライマックスではポップアスリート星野仙一杯公式サポーターの

株式会社ハング様が、チームの皆様に試してもらいたいという話題の

「サクゴエ」

が登場します。

今年の甲子園を制した履正社高校も利用しているという商品を

是非お試しくださいね!

また「むーたくんTV」も撮影予定です。

保護者の皆様もおめかししておいでくださいませ<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1475『関西クライマックス』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

関西クライマックスは6チームを3チームずとに分けて2ブロックで

運営しております。

入力上、結果と運営上の「A面」「B面」が逆になっておりますが

ご理解の程お願い申し上げます。

【関西クライマックスの結果はこちらから】

Pick up words
Archives
Search