Archive for the ‘チーム紹介’ Category

PostHeaderIcon vol.1643『熱闘通信!東海CX1st』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は11月に行われた東海クライマックスプレイバック!

参加チームは昨年チャンピオンながら予選を制した 富士シャーク

初のクライマックス進出となる「名古屋ウエスタンズ」

三重からは2度目のクライマックスとなる「てい水野球少年団

第一試合は富士シャークvsてい水
前半3イニングはてい水が3塁までランナーを進めるものの
決定だが出ずに共に無得点。
そのストレスが溜まりかけたのを見逃さないのが王者シャーク。
クリンナップが出塁し内野ゴロでランナーを返す
そつない攻撃で5回裏で2得点。
しかしその中にも不要なアウトが気にかかる。
それが6回表のてい水の攻撃に繋がります。
こちらもクリンナップの出塁を機に小技と足技で振り出しに戻す。
いつもの富士シャークならその裏タイムアップ寸前でサヨナラ勝ち!
といきたいところですが、てい水の変わった橋本投手が踏ん張り、
試合は特別延長へ!
てい水の攻撃は9番南選手から、ピッチャーゴロを打つもこれがエラーを
導き1得点。更に満塁が続くシーン。
多くの試合を見て来ましたので、ここでズルズルいくシーンが頭をよぎる。
王者危うし。。。の場面で1番山口選手の当たりはレフトフライ。
そこからショートの畠山主将のカットで繋ぎタッチアップのランナーを
刺すビッグプレー!

これがこの試合のポイントのシーン

常に試合の中で周りに気を配り続ける王者のキーマン畠山主将にとっては
いつも通りのプレーでしょうが、これは唸らずにいられません。
そのまま1失点でしのいだ富士シャークは、
裏の攻撃で8番中村選手が初球をレフトにはじき返し、
2者生還のサヨナラゲーム。
最後があまりにもアッサリし過ぎなのが拍子抜けになるくらいの
一瞬劇でした。
ヒット数は富士シャークが3本、てい水が5本ですから
流れはてい水ペースだっただけに、畠山主将のビッグプレーで
勢いを止められた感覚が残るゲームでした。

残りのゲームはまた明日以降!

PostHeaderIcon vol.1641『関東クライマックス 展望!2nd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

昨日に引き続き関東クライマックス展望第二弾!

よーく考えたら、対戦相手は当日決定なのでまだ組合せは
決まってませんから、展望と呼ぶには少しおこがましいですね。。。

そんなお声には耳も貸さず独断と偏見で進めて参ります<(_ _)>

まずは西埼玉代表の西埼玉少年野球
こちらは5試合の平均で7.8得点、1失点と安定感があります。
3回戦で2-1のロースコアでしたが、それ以外は盤石な試合運びに
見えますね。
注目は森田主将。相手チームのコメントからもセンスが感じられます。
聞くところによると多くのチームが強豪と認めるとのこと。
どんなチームなんでしょうねぇ。。。

続いては神奈川第二の千保ジャガーズ
(神奈川県内の川崎市以外が第二のカテゴリーになっております)
こちらは5試合の失点が3!平均は0.6!。
数字の通り全ての試合で1点以上は取られておりません。
MVPの選手も様々なので、堅い守備が信条なのかもしれませんね。
チーム全体の雰囲気を早く見たいものです。

そして神奈川第一の宮崎モンスターズ
5試合で失点が4(平均0.8)!完封勝ち2、1失点試合2ですから、
自滅するタイプでは無いことは間違いなさそうです。
相手チームのメッセージでは片平君・郡山君がキーマンみたいです。
ん?郡山君は5年生かぁ。
何となく、手堅くまとまったチーム力が頭に浮かびます。
こちらも 楽しみですねぇ!

最後になりますが二年連続茨城の豊ナインズ
去年は雨で順延したクライマックスにて吉川グリーンズに
0-1で惜敗していますが、毎年茨城予選では実績を残してます。
試合数が少ないため参考値にしかなりませんが、
1試合平均7.5得点の1.3失点。
強烈なメンバーのクライマックスにおいてはいささか平凡に見えますが、
毎年茨城予選は強豪ぞろいなので参考にもなりません。
何より毎年強豪であるというところに豊ナインズならではの秘訣が
凝縮されているんだと思いますよ!

(余談)
5年生と6年生ではかなり力の差があると一般的に思われがちですが、
今年の中日のドラフト1位だった石川選手は小学5年生の時に
東海クライマックスの試合でずば抜けた実力を発揮してました。
なので下級生ながらとてつもない存在感を出す選手というのは
実はポップ係長の大注目でもあるのです。
注目選手はポップ係長が直接写真を撮りに行きますので
ご協力お願いいたします<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1640『関東クライマックス 展望!1st』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は関東クライマックス出場チームの横顔紹介第一弾です。

昨日は参加チームのみお伝えいたしましたが、予選の戦績から
ポップ係長ならではのチーム分析を展開をしてみましょう~。
※ちなみに前情報はほとんどありませんので悪しからず<(_ _)>

まず紹介するのは千葉代表の豊上ジュニアーズ
予選5試合でなんと全てが無失点!!
得点も平均7得点で当然上位なのですが、失点0はあまりありません。
対戦相手のコメントからもどうも荒井君というすべての試合でMVPに
選出されているヒーローが居るようですよ。
荒井君、早く会いたいですねぇ!

続いては東東京のレッドファイヤーズ。
こちらは80チームを超える巨大なトーナメントの中
1試合平均で7.7得点・0.3失点と圧倒的な戦績でクライマックス進出。
こちらも中川キャプテンという注目選手の存在が気になります。
聞くと優勝候補と目されていたようですので、評判通りの実力を
発揮したと言えるのでしょう!

そして西東京の船橋フェニックス。
二年連続のクライマックス進出ですが、
全国チャンピオン経験もある不動パイレーツ、そしてベスト4では
弟分の不動パイレーツJrも撃破しています。
1試合平均:9.8得点(参加チーム最多)、失点は1.7ですから
破壊力がありそう。
選手では背番号3番の鴨下選手の存在に注目したいですね。

更に東埼玉の吉川グリーンズ少年野球クラブ。
こちらは3年連続(4回目)のクライマックスです。
1試合平均の得点は5.4、失点は1.6と平均的ではありますが、
吉川ウイングス、間久里スネークス、寿ファイヤーズといった
強豪を接戦で倒している点が評価ポイントですよね。
あとはポップアスリート星野仙一杯のサポートを
率先してやって頂いているという大きな加点ポイントが
あるかも(笑)

第二弾は明日以降にて<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1639『関東クライマックス、間もなく開幕!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

12月5日(土)は関東クライマックスを開催予定。

昨年の今頃はファイナルトーナメントを運営中でしたが、
そう考えると今年はとてもゆっくりです。
でもとっても焦っているポップ係長です。

ちなみに私は関東クライマックスが最も熱い戦いだと思っています。

まず8地区という最多の代表が集うというのもありますが、
単純に多くのチームが参加する予選を勝ち抜いてきているだけあって、
見ている指導者を唸らせるシーンやプレーが続出します。

【クライマックス出場チームはこちらから】

展望は明日以降のブログで出来ればと思うのですが、
実は2年連続クライマックス出場のチームがあるんです。

西東京代表: 船橋フェニックス

東埼玉代表: 吉川グリーンズ少年野球クラブ

茨城代表: 豊ナインズ

吉川グリーンズ・豊ナインズは今年で何回目のクライマックスだろう・・・。

それだけ毎年強いチームを作っておられるということが
スゴイなぁ。と思う訳です。

ハイレベルで感動的なゲームにきっと出会える関東クライマックス。

気になるのはコロナウイルスの感染拡大の影響だけ。
お願いだからプレーボールの邪魔だけはしないでください<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1637『九州クライマックス!!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は23日に行われた九州クライマックス最新レビューです。

昨年は福岡県北九州市を中心に立ち上がった九州予選でしたが、
今年は長崎県が参戦し、やっと九州予選と呼べるようになりました。

ご尽力いただいた佐藤福岡運営委委員長・酒見長崎運営委員長
心より御礼申し上げます。

ちなみにCX当日、ポップ係長は前々日に大きく
スケジュールのズレた北信越CXの影響を受けて九州まで
到達することができず、佐藤委員長が代理で運営頂きました。

代表として参加したのは
福岡代表  千代ウイングス
長崎代表  長崎セインツ
の2チーム。

試合は先攻が千代ウイングス。守るセインツは安藤投手がマウンド。

安藤投手:5回を2安打1失点(球数71)は立派。

安藤投手は4回まで48球と素晴らしい省エネ投法でしたが、
5回にエラーを起点に1失点。
先発の責任は充分果たしてますよね。

千代ウイングスのマウンドには背番号1の折立投手。

折立投手:5回被安打1(球数66)はお見事!

足で揺さぶってくる長崎セインツに対し
要所要所を堅い守備で抑え込みます。

試合は最終回にも追加点を加えた千代Wが、
折立-門田投手の完封リレーで全国大会出場を決めました。

セインツは4度も3塁にランナーを進めながら
あと1本に泣き無念の結果となりました。

この試合には公式審判委員として
太田・城両氏が担当くださり、
閉会式も代理で務めて頂いた様子。

実行委員各位本当にありがとうございました。

太田審判委員による閉会のご挨拶(だと思われます)

千代ウイングスの皆さん。ファイナルでお会いしましょう!

胴上げ、ひっくり返っとるがな!!

PostHeaderIcon vol.1636『北信越チームが確定!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

11月21日に新潟県におきまして北信越クライマックスを実施いたしました。

3チームによる総当たり戦により北陸第二代表
比美乃江稲積JBOYS
がファイナルトーナメント進出を決めました!

詳細は今後のブログで発信します。

PostHeaderIcon vol.1635『熱闘通信!関西CX2ndステージ!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今はクライマックスの真っ最中で、私はたくさんゲームを見てますが、
なかなかそれを皆様にお伝えすることができてませんでしたので
頑張って熱闘通信続けていこうと思います!

会場は大阪市住之江区

さて本日は関西CX2ndステージ!
京都奈良代表を劇的な勝利で潜り抜けた和歌山みなべ少年野球クラブと
強豪ひしめく大阪予選を制した住之江シャークスによるファイナルステージを
賭けた一戦です。

毎年、素晴らしい技術を持った選手を輩出するシャークス。
第10回大会ではファイナルにも進出している毎年強豪チーム。

先攻はホームのシャークス。
みなべのマウンドには背番号3速球派の池田投手。
初回は3塁にランナーを背負うも無失点。
2回は中軸以降を迎える場面で最も悔やまれる四球を出してしまう。
そしてそこに暴投が加わり7番山下選手のテキサスヒットで得点を
奪われます。
しかしその後をキッチリと抑えるのは力のある証拠でしょう。
4回まで投げ切って4安打を浴びながらも1失点と試合を作りました。

シャークスのマウンドには背番号3の東浦投手。
こちらは少し荒れ気味ながらもそれが功を奏して3回1/3をノーヒットで
抑え込みます。
4回1死から出した四球のタイミングでサッと投手交代を見せたベンチワークも
さることながら、ここで交代した松井投手は重い球をズドンと投げこむ剛腕で
後続を断ち切りました。

試合は中盤から淡々と進み、みなべのスーパーガール杉本選手がマウンドに
上がると、見ている指導者からため息が漏れるような好投を見せてノーヒットで
マウンドを降ります。

しかしこの日のみなべはヒットが出たのが6回1アウトからの1本のみ。
最終回には2死からエラーのランナーを出すも、最後のバッターが
力ない内野フライに倒れゲームセット。

住之江シャークスが虎の子の1点を守り切り、関西CXファイナルステージへ
駒を進めました。

【球審:ポップアスリート星野仙一杯公式審判委員 野須氏】

終わってみれば両チームともに球数が90球台と自滅しない試合展開
だっただけに唯一の失点につながった四球が試合の行方を左右する結果と
なりました。

みなべの選手は初球から全力スイングを徹底し、
周りの大人も感心するほどの思い切りのよりチームでしたが、
3年連続のファイナル進出とはなりませんでした。

うなだれる男子選手を尻目に淡々とダウンをするスーパーガール。。。

住之江シャークスは12月12日くら寿司スタジアム堺で二度目の
ファイナル進出を目指します。

PostHeaderIcon vol.1634『北信越クライマックス展望!』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

本日は11月21日に予定している第14回ポップアスリート星野仙一杯北信越CXに
参加するチームの横顔を紹介しましょう。

北信越は新潟県・富山県・石川県の三県が予選範囲となってます。
石川県は富山県に近い地域が富山トーナメントに編入して
北陸予選の名称となってます。

また北陸の参加チームが多いことからクライマックスに関しては
数の均衡を保つために北陸第一・北陸第二に分割し
新潟の一代表と三つ巴で代表権を争います。

ここ最近クライマックスが立て込んでいたのですが、
折角縁合って対戦するチーム同士の情報をヒーヒー言いながら
調べてみました。

まず北陸第一代表の水橋JBC27s
予選5試合を戦って、得点22(平均4.4)、失点10(平均2)。
1点差ゲームが2つありますが、その1つは逆転サヨナラ勝ち。
粘りとチームワークで接戦をものにするイメージがありますね。
昨年北信越代表の七塚アカシアにも勝利しており、その実力は
本物ではないでしょうか!

そして北陸第二代表は 比美乃江稲積JBOYS
とにかく・・・チーム名が長く難しい・・・(笑)
予選5試合で得点34(平均6.8)、失点3(平均0.6)。
数字から見えるようにとにかく失点が少ない!
しっかりした投手陣が守りのリズムを引き出し
失点を許さず展開するというイメージでしょうか。
どんな投手陣が出てくるのか楽しみですねぇー。

そして新潟代表は けいせつ野球クラブ
毎年新潟予選は強豪が集まるという傾向があるんですが、
予選5試合で得点21(平均4.2)、失点5(平均1)
と安定した結果です。
聞くと今年のマクドナルド県予選を制しているようですから
その実力は本物でしょう。
完封も2試合ありますが、どうやら素晴らしいエースの存在が見えます。
対戦相手のコメントからは「小学生には打てません」といった文言が!
早く会いたいですねぇ。

とこんな感じでこれまでの戦績と対戦相手のコメントから
横顔を紹介してみましたが、
総当たり戦で球数制限がありますから、継投がカギになってきます。
ここは指導者の腕の見せどころでもありますね。

北信越CXは新潟県上越市の上越少年野球場で9時30分頃から
第一試合の予定!!

PostHeaderIcon vol.1633『熱闘通信!関西CX1stステージ!』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

各地区の代表チームが続々と確定しておりますが、
今日はクライマックス史に残る激闘をご紹介。

【2020年10月25日】
【 会場:宇治市山城運動公園 太陽ヶ丘第2球場 】
【京都奈良代表 宇治コンドルスポーツ少年団  
vs 和歌山代表 みなべ少年野球クラブ】

宇治コンドルは初のポップアスリート星野仙一杯出場のチーム。
小泉監督に伺うと「くら寿司に行った時にポスターを見て応募しました!」
との事。ちゃんと見てくれてて良かったです<(_ _)>

宇治コンドル:小泉監督

そして相手は全国王者にも輝いたことのある常連”みなべ少年野球クラブ”

試合前のみなべの選手たち

昨年ディフェンディングチャンピオンとして臨んだファイナルでは
6年生が2人しか居ない状況で苦戦を強いられましたが、
そのメンバーのほとんどが今年残るという強みを持って堂々のクライマックス。

勝った方が2ndステージに進む大事な一戦は
逆転に次ぐ逆転の手に汗握る展開となりました!

【試合経過】
先制したのは2回裏の宇治C。
内野安打で出塁のランナーを二死から9番打者(4)がタイムリー。

回が変わった表の攻撃で今度はみなべが四球のランナーを
3番打者(3)がタイムリーで迎え同点。更に盗塁で塁を進めて
5番打者(2)がタイムリーで勝ち越しに成功。

更に回は進み、5回裏の宇治C。
ヒットと四球のランナーを送りバントで進め、3番打者(2)が
2点タイムリーで逆転に成功。
更にそのランナーがエラーの間にホームインし1点加点し突き放す。

宇治Cの攻撃を終えた時点でタイムアップが近付いてきました。
みなべの実質最終回となる6回表は6番(7)から。
しかし2者が倒れ、万事休す。

と、ここでみなべ阪口監督が8番打者に代打(11)を送ります。
するとこの選手がライト戦に安打を放ち出塁。
あと1つアウトを取ればゲームセットの重圧か、
続く9番打者(6)の時に暴投でランナーが2塁へ。
ここで宇治Cにゴロエラーが出て殊勲の(11)をホームに迎え
なんと2死から同点に追いつく粘りを見せます。

6回の裏の宇治Cは1死で1番(8)。この選手の外野フライがエラーとなり
サヨナラのランナーとして出塁したところで、
またもや阪口監督が投手を先発させて球数を残していた(2)にスイッチ。
すると1点も許されないこの場面で2者連続三振に抑えるのです。

試合はここからタイブレーク。
打席に入った4番打者(8)が初球を犠牲フライ。
続く5番(2)は内野ゴロで2塁封殺されるも、2死1・3塁。
盗塁を決めた後に7番(7)がセンター前ヒットで2者生還し
この回3点で裏の守りにつきます。

宇治Cも4番(1)からの好打順。
ゲッツーシフトの内野陣に対して、内野ゴロの間に1点を取ると
5番打者(10)がレフト前のタイムリーで1点差に迫る。
しかしここで投手(2)が踏ん張り2者を抑えてゲームセット。
最後の打者のゴロはショートのファインプレー!!

いやーこれは、クライマックスの中でもトップクラスの攻防戦でした・・・

文章では書き切れませんが、随所にファインプレーが飛び出したことも
試合の緊迫感を高めてくれたことは間違いありません。

宇治コンドルは初出場ながら正々堂々戦いを見せてくれました。
来年も是非参加お待ちしております!

悔しさがにじむ試合後の宇治コンドルの選手

ちなみにポップ係長選出のMVP選手は
みなべの最大のピンチを防いだ杉本選手(2)!
実は・・・杉本選手は女子選手なんですよ。
全く動じない姿勢に鳥肌が立ちまくりましたね。

みなべのスーパーガール杉本選手。将来が楽しみです!

PostHeaderIcon vol.1632『東北第一代表チームが決定!』

 
いつもありがとうございます。ADかわたんです。

11月8日(日)にセンコー旗争奪 東北第一クライマックスが実施されました。

参加チームは下記の3チームです。

旭丘少年野球クラブ

常磐軟式野球スポーツ少年団

山三小こまくさガンバローズ

熱い戦いを制し、代表に決定したのは常磐軟式野球スポーツ少年団!

おめでとうございます。

ファイナルでお会いできることを楽しみにしています。

Pick up words
Archives

You are currently browsing the archives for the チーム紹介 category.

Search