PostHeaderIcon ポップ係長ブログ 「ポップアスリートカップ全国大会フラッシュバック10決勝編その1」

さあ、今年もあとわずかとなってまいりました。ポップアスリート管理事務局は明日29日までの営業です。
まだまだネタが残る全国大会ですが、最後の2日間は決勝大会にフォーカスしましょう。
今日は決勝戦の裏話。
こんな心温まる一コマがありました・・・。
優勝した名古屋平針が決勝を除き一番苦しんだ試合は1回戦の京都竹田イーグルスとの抽選勝ちではなかったでしょうか。
最後の最後に追いつかれ、時間切れ抽選は生きた心地がしない重苦しい雰囲気にグランド全体が包まれていたことを思い出します。
抽選の結果は5対4で平針が勝ち、そのまま平針は戦いを重ねるごとに力を増したかのように安定した力を発揮して頂点に上り詰めました。
私は当初からこの1回戦が、平針フルスイング打線vs京都の剛腕サウスポー対決として、
とても大きなポイントとなるゲームになると予想し、事前のブログでも注目発言をしてました。
20091228-takeda-1.jpg
竹田イーグルス剛腕岩井くん
20091228-hirabaritakeda.jpg
抽選を見守る選手達
実は竹田イーグルスと平針HBCの泊まっていたホテルが偶然にも一緒だったんです。
私がたまたま21日晩にそのホテルをのぞくと、何やら両チームの選手が入り乱れて時間を共有していたようです。対戦したその日にすぐ仲良くなれるんですね。
しかも竹田イーグルスはドーム決勝時には平針が座る1塁側ベンチのすぐ上に陣取り、平針の選手を一生懸命応援していたんですよ。私はあれを見て、交流の大切さを感じました。
愛知と京都。。。距離はそんなに遠くはありませんが、出会う機会の多くない野球少年達が、一瞬で友達同士になれる。
野球って本当にいいもんですね。(某映画評論家みたいですな)
今後も両チームの交流が続くことを祈りたいと思います。
他のチームでも交流が芽生えたなどの情報があれば教えてくださいね。
20090827-blog_banner500.jpg

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search