PostHeaderIcon vol.999『第7回全国大会注目選手vol.1(四国地区)松浦君』

これから全国大会出場チームがドンドン決まって来ますよね。

そこでポップ係長が全国大会での「注目選手」をお伝えする企画第1弾。

念のために断っておきますが、注目選手はチームの監督等にも相談しておりますので

悪しからずご了承ください。

<大会応援企業からお得なお知らせ ベルメゾン防寒グッズ特集はこちら!>
ベルメゾン防寒グッズ特集

さてさて先月行われた四国クライマックスでは、

愛媛の和気軟式野球クラブが全国切符を手にしましたが、その中の注目選手は背番号10の

「松浦 堅大君」チームの主将を務めながら、投打共にドッシリとチームを支えるまさに

大黒柱です。

まずは投の部分から。長身から繰り出される豪快な投球は、一見荒れそうな球筋ですが、

コントロールはとても繊細。外角に決まるストレートは110kmを超えそうな勢いです。

内外に投げ分けられればまず打てそうにありません。

そして「打」。こちらも小学生としてはトップクラスのパワーでしょう。

この日もド真ん中のボールとは言え、高い弾道で75m程度の柵越えを放ちました。

天性の長距離ヒッターかもしれませんね。ですがミートもとても上手そうです。

相手となった徳島相生クラブも事前に松浦君の噂を聞いており、中学生OB左腕にサポートして

もらい松浦君対策を取った上での対戦でしたが、それをも乗り越えてしまいまいした。

結局この試合で松浦投手は、8人のバッターから計11の三振を奪い、ホームを踏ませる事を

許しませんでした。四死球はデッドボールの1つだけという結果からもコントロールの良さが

判るでしょう。

そして何より松浦君で見て欲しいのは・・・・。オッとこれ以上は言いすぎかもしれませんね。

それは是非、全国大会のシーンで見てあげてください。

上の写真は敗退した徳島相生クラブの竹内投手。

昨年の準優勝桑野シルバータイガースの精密機械と呼ばれた、三橋投手を彷彿とさせる

技巧派右腕でした。しなやかな手の振りから、外角を突くピッチングは大崩れを

知らない好投手の証。

イイ選手って見てて本当に惚れ惚れしますよねぇ。第2弾をお楽しみに!


Always have a feeling of “Thank You.” by pop_kk

☆★☆ポップ係長ブログがブログランキングにエントリー!読んだ後にポチッとお願いします!★☆★

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へにほんブログ村

ポップ係長ブログはコメント自由です。下段コメントスペースへどうぞ!!


「皆様の善意は、こちらのバナーからお願い致します」


☆★NPO法人全国学童野球振興協会☆★

ポップ係ブログが携帯から閲覧できます!


Facebook ポップアスリートアカウントはこちら『いいね!』よろしくお願いします。


ポップ係長のつぶやきをフォロー

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search