PostHeaderIcon スマホ広告News 2013/11/22

スマホ広告News 2013/11/22

<新規追加!>

【Androidの方】

■ハローキティのパズルチェイン ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得) 
■神姫覚醒メルティメイデン ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(22pt獲得) 
■栄光のガーディアンバトル ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得) 

【iOSの方】

■テトリス(R)モンスター ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得) 
■Answerz ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(19pt獲得) 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<オススメはこれ!簡単にポイント獲得できます!>

【Androidの方】

■DORAKEN ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得)
■ハコニワ ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得)
■ポケットランド ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得)
■シャドウオブエクリプス ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(22pt獲得) 
■みんなでまおう ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(19pt獲得)
■ゴシップガール~セレブな彼の誘惑~ ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(20pt獲得)

【iOSの方】

■ラーメン魂 ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(24pt獲得) 
↑17:00~23:59までの時間限定です!
■ポイントオン ⇒ 新規無料アプリインストール後、起動で成果(36pt獲得) 

※表示されない場合は、ページを更新してください。
※数量制限により表示されない場合もございます。

『スマートフォン広告サイト』※スマホのみ対応
http://www.pop.co.jp/sp/

『説明ページ』
http://www.pop.co.jp/smartphone/

One Response to “スマホ広告News 2013/11/22”

  • 西大寺ドリームズ 西村 says:

    こんばんは。
    初めてコメントさせていただきます西大寺ドリームズ事務局の西村です。

    先日の関西クライマックスでは大変お世話になりました。

    最後の最後で祈願の初全国大会出場を決定し、選手をはじめチーム関係者は大喜び、その反面で遠征の段取りの大変さを痛感しております(笑)

    今回、ポップ係長が『死闘』と言われる代表決定戦をサヨナラ勝ちで制することができたのは、今年沢山の考えられない悔しさを味わったことが大きな糧となったと考えます。

    まず、奈良県知事杯(マクドナルド杯)準決勝戦で、今年の奈良県代表チーム
    當麻ファイターズさんとの戦いで2点ビハインド、さあこれからというときに1時間以上も雨天中断となり、選手たちと共にベンチも『雨天ノーゲーム』を願うことに…。
    しかし、天気予報は回復傾向。
    もちろん試合再開後は選手達、ベンチの志気も下がったままで、その後も逆に追加点を許し惜敗したこと。

    次に、スポーツ少年団奈良県大会の決勝戦では、前栽アスレチックスさんに5点リードの最終回、ツーアウトランナーなし。

    誰もが勝利、近畿大会出場を確信した瞬間が、負けの始まりでした。
    そこから四球、死球、エラー、ワイルドピッチ、パスボールで気がつけば、6点取られ逆転、最終回西大寺の攻撃もツーアウト満塁まで攻めるが、最終バッターとなった選手(実は我が子)は自信を持って見逃したボール…。
    なんと!きわどいコース!
    まさかの『ストライク!』のコールで無得点で、またもや惜敗。

    最近で言えば、ろうきん杯奈良県大会決勝戦を圧勝で勝利し、さあ近畿大会(佐川急便旗)出場と思いきや、なんと登録選手達の修学旅行とバッティングし、出場の夢叶わず棄権扱いとなる。

    これらの悔しい思いをチーム全員が胸に秘め、臨んだ絶対に負けられない、関西クライマックス第1代表決定戦。

    前半は先取点、追加点、立入ヶ丘ジュニアスキッパーズさんに2点返されるも、その裏1点追加点で4対2で西大寺ドリームズがリード。

    ここで全国大会出場をチーム関係者が思った瞬間からまたもや悪夢が…。
    7回表にマウンドに上がった投手が2点を取られ、ついに同点に…。
    (でも、キャッチャーからサードへの牽制球、セカンドのファイプレーでよく同点で終わりました。)

    やっぱり、全国大会は遠いねんなって!(チーム関係者が思っていたそうです。)

    そして、サドンデスで、立入ヶ丘ジュニアスキッパーズさんに4点(サドンデスで一番の失点)を取られ、再度窮地に…。

    その裏に2点返したものの、ツーアウト満塁で唯一の5年生がなんと!走者一掃サヨナラタイムリーで逆転勝ち!
    ほんとマンガの世界です。

    実は、サドンデスで諦めていないと言いますが、さてさてどうやら…?

    でも、一つだけ言えることは、西大寺ドリームズの選手達は、数々の悔しい思いと遠征強化交流戦勝利での自信と経験が、関西クライマックス代表決定戦の大事な場面で、勝利に導いたことは間違いのない事実だと思います。

    最後に、ポップアスリートカップで戦った相手チームの思いを背負って、横浜スタジアムで開催される全国大会で大暴れしてもらいます。

    とりとめのない話ですいません。

    全国大会では、どうぞよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search