PostHeaderIcon vol.1259『愛媛クライマックス!!』

いつもありがとうございます。ポップ係長です<(_ _)>

今日は8月22日に行われた愛媛クライマックスのレポートです。

実は私はこの日どうしても愛媛に行けない関係から全ての運営を

阿部利弥愛媛運営委員長に託すカタチになりました。

そしてそのトシチャンこと阿部運営委員長からの全レポート掲載です!

まずは準決勝第一試合「乃万ペガサス」vs「新居浜ヤンキース」

中盤4回乃万が先制するも、そのウラすぐに新居浜が逆転!

更に5.6回と加点、新居浜ヤンキースが4-1で勝利。


(先発した櫻田悠悟くん。ピッチング、走塁、打撃全てにおいてセンスを感じます)

愛媛予選第2試合は、常盤ヴィクターズvs今治south先制したのは常盤3回表に一点先制

今治southはそのウラすぐさま逆転!

続く四回表常盤はすぐに再逆転!

このまま終わるかに見えたが、七回裏ノーアウトからランナー出て、

ツーアウト2.3塁!バッターは先発投手の小林郁世(ゆうせい)。

追い込まれながらも、センターへ逆転サヨナラヒット!

今治southは苦しみながらも小林くんの粘り強い投球で決勝進出!


(小林君は先発完投にあわせ、全打点を叩き出す大活躍!)

愛媛予選決勝12:45プレイボール!

今治southの先発河村は元ロッテの小宮山悟投手を彷彿させる

しなやかなフォームから100㎞に到達しようかとゆうような剛腕タイプ。

一方の新居浜奥野谷は左腕からコースに丁寧に投げ分けるタイプ。

3回裏、今治のキャプテン大黒柱の河村と新居浜の大黒柱桜田の

2度目の対決はツーアウト2塁。

力でグイグイ押してくる河村に対して、一歩も怯まない櫻田とのフルスイング対決は見応えありました。

ツーストライクを追い込んだ後櫻田のフルスイングはボテボテのサードゴロ。

チェンジかと思われたが、櫻田は快速を飛ばし1塁はセーフ!2塁ランナーが生還して新居浜先制!

このイニングを境に試合は固まるも、流れは少しづつ新居浜に傾きかけるようにも見える。

今治southは河村の前にランナーを置きたいところ。

今治south河村の第3打席はツーアウトランナー無し。

フォアボールで歩き、この回無得点。

そして、6回裏疲れが見えかけた河村は連続四球。

ツーアウトから7番曽我部にレフトオーバーのスリーランを打たれて駄目押し!

最終回、今治southは粘りを見せるも1点止まりで力尽きた。

4-1て新居浜ヤンキースが初優勝!!!!!


(MVPは6回ダメ押しのスリーランを打った曽我部くん)


(強力今治south打線を1点に抑えた奥野谷投手と小川捕手)

初回から自分のペースを崩さず、ピンチになっても自分で自分を落ち着かせようとする

奥野谷選手の仕草が印象的でした。


(敗れはしたものの、将来が非常に楽しみな河村選手)

以上阿部利弥愛媛運営委員長熱闘甲子園風レポートでした!

トシチャンありがとうございます!!!

【ポップアスリート・ポップ係長へのお問い合わせはこちら】

(ポップ係長ブログはコメント自由。下段コメントスペースへどうぞ!!)

★ポップ係長ブログがブログランキングにエントリー!読んだ後にポチッとお願いします!★

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
クリックして投票<(_ _)>


「皆様の善意は、こちらのバナーからお願い致します」


ポップアスリートカップ運営主体:NPO法人全国学童野球振興協会HP

ポップ係長のつぶやきをフォロー

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search