PostHeaderIcon vol.1293『ASICS社会貢献イベント2』

いつもありがとうございます。ポップ係長です<(_ _)>

昨年12月10日に行われたASICSによる東日本大震災の継続支援事業

【ASICS Tomorrow Ball Park in Fukushima 2016】のレポート第二弾。

1日前のブログでは現役・OBプロ野球選手による野球教室のレポートをしました。

がこのイベントは午後からも続きます。

何せ200人近い学童野球選手が集まっている訳ですから、

実際に野球もしてもらいたい!ってことで相馬こどもドームの隣にある

4面の立派な屋外グランドにおいて、これまた恒例となった

「交流Tベースボール大会」を開催しました。

これは4面のグランドそれぞれに同じ学年の選手だけが集まり

上手くばらけるように選手を3つのチームにシャッフルします。

当然ながら知らない選手同士が多いわけですが、

あえてそのまぜこぜ状態で試合に臨んでもらうわけです。

3つに分かれたチームは、三つ巴戦のリーグ戦で2試合を行い

そこで2勝すれば最優秀チームということで表彰対象となるのです。

この日もユニフォームがバラッバラの選手たちが

笑顔でボールを追いかけてました。


(ちなみにバッティングは苦手なんだそうです)

あ!ちなみにドームに一番近い面で行われた

菊池雄星投手による「始打式」。なんで今江さんじゃないんだ?!(笑)

最初、固定Tスタンドにおいてましたが、反発が得られないということで

今江先輩の手投げトスで放られたボールをフルスイング!

推定向かい風10mをもろともせずに滞空時間の長いオーバーフェンス弾!

向かい風なかったら100mは余裕で飛んでましたね。

さすがプロ野球選手!でしたよ。

打った後の菊池投手に野村弘樹さんがボソっと一言。

「雄星も2刀流やー!」

雄星投手は謙遜してましたが、マンザラでもないかも(笑)


(打った後の雄星選手。めっちゃ笑顔です)

試合に話を戻しますと、一応監督さんもいますが、基本的にはノーサイン。

打つ!守る!ティーベースボールなので投手の投げ過ぎなんかも

心配なし!単純に野球を楽しめるという訳ですね。

面白いのが、必然的にリーダーが決まってくるということ。

あれはどうやって決まってくるんだろう??

今年はリーダーになった選手にコッソリ聞いてみよう。

まさかジャンケンなんてことは無いよな(笑)

3チームのうちの2チームが試合している間、

待っているチームはというと、こどもドーム内に設置された

体力測定に挑みます。

アシックスは最新・最速をスローガンに挙げておられるだけに

スピード計測にこだわり有り!(笑)

10mダッシュ走、スピードガンコンテスト・スイングID の3種目。

選手たちは皆実施しなければなりません。

この計測も全て終われば、イベント終了。

アシックス太田執行役員の閉幕の挨拶であっという間に

楽しかった一日が終わりました。

ちなみに開会前に選手たちに書いてもらった寄せ書きは

そのまま相馬市に寄贈され、相馬こどもドームに掲示されます。

この寄せ書きがこれからもたくさん増えていってくれることを

切に願います。「がんばろう東北!!」

ASICSレポートページもご覧ください
【ASICS Tomorrow Ball Park in Fukushima 2016】

【ポップアスリート・ポップ係長へのお問い合わせはこちら】

(ポップ係長ブログはコメント自由。下段コメントスペースへどうぞ!!)

★ポップ係長ブログがブログランキングにエントリー!読んだ後にポチッとお願いします!★

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
クリックして投票<(_ _)>


ポップアスリートカップ運営主体:NPO法人全国学童野球振興協会HP

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search