PostHeaderIcon vol.1641『関東クライマックス 展望!2nd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

昨日に引き続き関東クライマックス展望第二弾!

よーく考えたら、対戦相手は当日決定なのでまだ組合せは
決まってませんから、展望と呼ぶには少しおこがましいですね。。。

そんなお声には耳も貸さず独断と偏見で進めて参ります<(_ _)>

まずは西埼玉代表の西埼玉少年野球
こちらは5試合の平均で7.8得点、1失点と安定感があります。
3回戦で2-1のロースコアでしたが、それ以外は盤石な試合運びに
見えますね。
注目は森田主将。相手チームのコメントからもセンスが感じられます。
聞くところによると多くのチームが強豪と認めるとのこと。
どんなチームなんでしょうねぇ。。。

続いては神奈川第二の千保ジャガーズ
(神奈川県内の川崎市以外が第二のカテゴリーになっております)
こちらは5試合の失点が3!平均は0.6!。
数字の通り全ての試合で1点以上は取られておりません。
MVPの選手も様々なので、堅い守備が信条なのかもしれませんね。
チーム全体の雰囲気を早く見たいものです。

そして神奈川第一の宮崎モンスターズ
5試合で失点が4(平均0.8)!完封勝ち2、1失点試合2ですから、
自滅するタイプでは無いことは間違いなさそうです。
相手チームのメッセージでは片平君・郡山君がキーマンみたいです。
ん?郡山君は5年生かぁ。
何となく、手堅くまとまったチーム力が頭に浮かびます。
こちらも 楽しみですねぇ!

最後になりますが二年連続茨城の豊ナインズ
去年は雨で順延したクライマックスにて吉川グリーンズに
0-1で惜敗していますが、毎年茨城予選では実績を残してます。
試合数が少ないため参考値にしかなりませんが、
1試合平均7.5得点の1.3失点。
強烈なメンバーのクライマックスにおいてはいささか平凡に見えますが、
毎年茨城予選は強豪ぞろいなので参考にもなりません。
何より毎年強豪であるというところに豊ナインズならではの秘訣が
凝縮されているんだと思いますよ!

(余談)
5年生と6年生ではかなり力の差があると一般的に思われがちですが、
今年の中日のドラフト1位だった石川選手は小学5年生の時に
東海クライマックスの試合でずば抜けた実力を発揮してました。
なので下級生ながらとてつもない存在感を出す選手というのは
実はポップ係長の大注目でもあるのです。
注目選手はポップ係長が直接写真を撮りに行きますので
ご協力お願いいたします<(_ _)>

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search