Archive for the ‘試合結果’ Category

PostHeaderIcon 対戦報告ありがとうございます!~その2~

こんばんは。
ポップルーキーだいちです!

すっかり恒例になってきました今週のだいちブログですね。
今週は各地で梅雨明け宣言が出て、いよいよ本格的な夏ですね~。
わたくしだいちはお昼休憩にアイスを食べちゃいました。(笑)

そして、以前から多く寄せられていました個人成績入力後にログイン画面に戻ってしまう不具合ですが、解消しているかと存じます。
ご不便ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。
できる限り早く対応して参りますので今後とも何卒よろしくお願いいたします。

さて、今週も多くのノーサイドフォトを送っていただき本当にありがとうございます!
ポップアスリートメンバーはこの時期の週明けの出勤が楽しみみたいで、ノーサイドフォトいっぱい来た?ってよく言われます。(笑)
しかし、各地の交流の証として思い出に残るノーサイドフォトはぜひぜひこれからもポップアスリートカップ名物として残していきたいものですね。

さあ、今週のPick Up!
北陸・甲信越ブロック、新潟・栃木・群馬トーナメントから
燕南野球スポーツ少年団vs休泊ジュニアです!

どこの球場だろう・・・めっちゃきれい。

試合結果はともかく。Pick Upの理由は何といってもホームチームの燕南野球スポーツ少年団のホスピタリティ!休泊ジュニアは群馬県のチームで、会場となった新潟までは遠征。遠いところから来たチームに対しての試合が良い思い出になるようなおもてなし感をこの写真とコメントから感じてしまいました!
まずはこのきれいな球場!すみません、勝手ながら調べさせていただきましたがNPB規格(!)の球場のようで、やはりスコアボードや芝がとても綺麗だと感じました。
また、試合後のコメント欄は本当にお互いをリスペクトする内容で、ここにもおもてなしの跡が。高い気温の中行われた試合後にはなんとかき氷を休泊ジュニアのみなさまにお配りしたようなんです!
これにはだいちもびっくり!試合の後は同じ野球を愛する者同士。もらってうれしいあげてうれしいとはこのことではないでしょうか。保護者様のご尽力あっての自主対戦形式です。子供たちの笑顔は何よりの元気の源ですね!
日頃の皆様の大会運営へのご協力大変感謝申し上げます。
この試合から数年後、甲子園で出会った選手たちが「あの時と同じ勝負をまた・・・」なんて展開を勝手に想像してしまいます。覚えてたりしたら力入りまくりですね。

こんな感じで毎週Pick Upしていきますので、今週末の試合も暑さに十分気を付けながら全力でぶつかり合ってください!ちなみにだいちは所用があるため自主練します。みんなに負けないくらいバット振りますので、一緒に頑張っていきましょう!

PostHeaderIcon vol.1645『熱闘通信!東海CX3rd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

さあ東海CX最後の第三試合

王者『 富士シャーク 』vs 強打『 名古屋ウエスタンズ

初戦、スタートダッシュが出来なかった富士シャーク、
この試合は堅さが抜けたのか序盤から猛攻をしかけます。
初回はエラーのランナーを3番市川選手がタイムリーで迎えて
先制。
3回は2四球のランナーを4番加藤選手の2点タイムリーで
3対0と突き放します。
相手のミスを点に結び付けるこれ以上ない展開、これは
王者の独壇場かと思われた4回表にウエスタンズが反撃。
2死からエラーと死球のランナーを1番太田選手がセンターへ
タイムリーを放ち1点差に迫ります。
更に5回は沈着冷静な富士シャーク畠山主将がマウンドに上がるも
制球が定まらず、ランナーを貯め暴投による失点したタイミングで
石嶌選手にスイッチ。
しかし変わった初球が再び暴投となりウエスタンズが逆転に成功。
タイムアップも気になる時間に入りつつ5回裏の富士シャーク。
山口選手が四球で出るとすかさず2盗に成功。
ここで先ほどマウンドで乱れた畠山主将の神業バントが
内野安打となり2人のランナーが出塁すると
4番の加藤選手が犠牲フライを上げて同点、更に5番の小野田選手が
内野安打で勝ち越しに成功。
6回表のウエスタンズの攻撃を先の回からリリーフした石嶌選手が
無安打で抑えて、歓喜の勝利をGET。

同点の場面でリリーフした石嶌選手は第一試合でも登板していたため
球数を抑えて欲しい期待に見事応える20球リリーフでした。
まさにミスした選手を全員でカバーする富士シャークらしい
試合となりました。

富士シャークは前年度優勝によりファイナル進出枠を保持しながらも
自分たちの手でファイナルをつかみたいというチームの判断で
見事クライマックス制覇し、実質の3年連続ファイナルを確定しました。
それにより名古屋ウエスタンズのファイナル東海代表も確定。

富士シャークの強さはここにある気がします

名古屋ウエスタンズはこのクライマックスでは9番を務めた
安藤主将が守りではチームを引き締め、
攻撃でも要所要所で存在感を発揮していました。
(ひょっとすると本来の打順では無いのかもしれませんねぇ)

縁の下の力持ちのような安藤主将

しかし毎年スンナリ終わらない東海CXですが、
やっぱり今年も大接戦でした。
今年のファイナルも東海地区が中心に動きそうな予感ですね。

Pick up words
Archives

You are currently browsing the archives for the 試合結果 category.

Search