PostHeaderIcon ポップ係長ブログ(11/6Up)『全国大会出場チーム紹介vol.3Jr.有松ジュニアーズ編』

行くぞ!ちびっ子軍団!

昨年の覇者、名古屋平針HBC少年野球クラブの東海エリアからは、
長屋に拠点を置く有松ジュニアーズがエントリー。

早速、梶野さんにインタビューしました。

ポップ係長「よろしくお願いいたします。まずはチームの設立年を」

梶野さん「1980年の4月です。」

ポ「大会は初めてのエントリーですよね?」

梶「そうですね。でも、チームの思い入れはすごいですよ!」

ポ「と申しますと?」

梶「東海大会の決勝で勝利が決まった瞬間、選手、スタッフ、親兄弟全員
号泣です。今回のAチームの子達が、Cチームの時に優勝して以来、
初のタイトルだったので、嬉しくて嬉しくて。」

ポ「ほうほう。お話を聞いていると、親御さんを含めたチームワークの
良さが浮かんできますが、やはりそこに強さが?」

梶「そうですね。チームのスローガンも「気持ちをつなぎ、プレーをつなげる全員野球」
ですから。」

ポ「なんだかまじめな感じですね・・・」

梶「そうなんですよ。実はうちのチームはなぜか長男が多いので、
まじめできっちりしているが故に、融通が利かないというか・・・」

ポ「あれ?チームワークは・・?」

梶「いやいや、試合になると、ガッチリひとつにまとまって、相手に立ち向かう姿勢を
きちんと見せてくれる頼もしい子供達です。」

ポ「なるほど。では、注目選手はやはり長男?」

梶「全員野球なので全員です!強いて言うなら、長男だらけの中、
数少ない二男ですかね。特に、ムードメーカーのサードの小坂井竜には
注目してください。」

ポ「とんでもない大砲ですか?」

梶「Aチームで一番のちびっ子です!1つのミスを3つのスーパープレイで返す
うちのチームの自慢です。」

ポ「なんだか、かのミスターを彷彿とさせますが・・・」

梶「プレーの伸びシロは、チーム一だと思うので、将来が楽しみですね。」

ポ「全国への意気込みを。」

梶「スタッフも含めた全員野球で頂点をめざします。
少しでも長く一緒に野球したいですから。」

流した涙とチームワークはピカイチな有松ジュニアーズ。
2年連続名古屋の地へ優勝旗をもって帰れるのか?
京セラドームも涙で埋め尽くせるのか?

見せてもらいましょう、全員野球を!

ポップ係ブログが携帯から閲覧できます!


ポップ係長、ツイッターでつぶやいてます。
twitterをやってない方もこれを機会にフォローお願いします!

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search