PostHeaderIcon vol.1548『バッティングが上手になるための3つのポイント【打撃理論】』

ポップアスリート公式Youtube「むーたくんTV」

いつもありがとうございます。

今回もADかわたんがお届けします!

今回は野球技術の第4弾として、『打撃』について

むーたくんに聞いてみました!

抑えるポイントは3つだけ!

1.軸足を意識する

右バッターの場合は右足親指を中心にして回りましょう。

2.軸足と逆の足で壁を作る

踏み出した足を止めた反動で

軸足を回転させる

踏み出した方の足のつま先は

投手方向に向けずに壁を作るイメージ。

3.バットを握らない感覚

学童野球の選手を見ていて多いのが、

バットを力強く握りすぎて

力んでバットが出てこず、身体が開いてしまいます。

バットを握らない感覚で振ると

上半身の力が抜けて素直にバットが出てきて

綺麗にヘッドが返ります。

この3つのポイントを抑えるだけで

スイングをきれいにしてミート力は確実にアップするはず。

「バッティングがどうも苦手なんだ・・・」

という選手は是非試してみてね!

動画で実際に元プロむーたくんによる

打撃の説明を見たい!

という選手は下記の動画を見て参考にしてみてね!!

コメントをどうぞ

Pick up words
Archives
Search