Posts Tagged ‘ポップアスリート’

PostHeaderIcon vol.1645『熱闘通信!東海CX3rd』


いつもありがとうございます。ポップ係長です。

さあ東海CX最後の第三試合

王者『 富士シャーク 』vs 強打『 名古屋ウエスタンズ

初戦、スタートダッシュが出来なかった富士シャーク、
この試合は堅さが抜けたのか序盤から猛攻をしかけます。
初回はエラーのランナーを3番市川選手がタイムリーで迎えて
先制。
3回は2四球のランナーを4番加藤選手の2点タイムリーで
3対0と突き放します。
相手のミスを点に結び付けるこれ以上ない展開、これは
王者の独壇場かと思われた4回表にウエスタンズが反撃。
2死からエラーと死球のランナーを1番太田選手がセンターへ
タイムリーを放ち1点差に迫ります。
更に5回は沈着冷静な富士シャーク畠山主将がマウンドに上がるも
制球が定まらず、ランナーを貯め暴投による失点したタイミングで
石嶌選手にスイッチ。
しかし変わった初球が再び暴投となりウエスタンズが逆転に成功。
タイムアップも気になる時間に入りつつ5回裏の富士シャーク。
山口選手が四球で出るとすかさず2盗に成功。
ここで先ほどマウンドで乱れた畠山主将の神業バントが
内野安打となり2人のランナーが出塁すると
4番の加藤選手が犠牲フライを上げて同点、更に5番の小野田選手が
内野安打で勝ち越しに成功。
6回表のウエスタンズの攻撃を先の回からリリーフした石嶌選手が
無安打で抑えて、歓喜の勝利をGET。

同点の場面でリリーフした石嶌選手は第一試合でも登板していたため
球数を抑えて欲しい期待に見事応える20球リリーフでした。
まさにミスした選手を全員でカバーする富士シャークらしい
試合となりました。

富士シャークは前年度優勝によりファイナル進出枠を保持しながらも
自分たちの手でファイナルをつかみたいというチームの判断で
見事クライマックス制覇し、実質の3年連続ファイナルを確定しました。
それにより名古屋ウエスタンズのファイナル東海代表も確定。

富士シャークの強さはここにある気がします

名古屋ウエスタンズはこのクライマックスでは9番を務めた
安藤主将が守りではチームを引き締め、
攻撃でも要所要所で存在感を発揮していました。
(ひょっとすると本来の打順では無いのかもしれませんねぇ)

縁の下の力持ちのような安藤主将

しかし毎年スンナリ終わらない東海CXですが、
やっぱり今年も大接戦でした。
今年のファイナルも東海地区が中心に動きそうな予感ですね。

PostHeaderIcon vol.1619 『ノーサイドフォト2』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

先日のブログではノーサイドフォトのご案内をしました。

こちらにお寄せいただいた写真はもちろんすべて目を通して

いますが、その中で聞いてみたくなるストーリーを感じさせる

お写真ってあるんですよね。

鬼越鬼高メッツvs 東金東クラブの一枚

気になったのは右に写っている「0」番のユニフォーム。

もしやコロナの影響があったのか?とか気になったのもありましたので
サイト管理者の金子さんに聞いてみた。

するとちゃんと返信頂けましたのでおことわりを入れた上でご紹介。

(金子さん)
「0」番のユニフォームは、昨年までこの学年のキャプテンをしていた選手の番号でして、中学受験のため年初から休部しているのですが、試合の際にはいつもそのユニフォームをベンチに置いていた為、記念撮影の時にも一緒に掲げていたということでございました。
ポップアスリートは、このコロナ渦において多くの試合が中止になるなか、選手にとってモチベーションを高めることができた大変貴重な試合になりました。
今年は例年以上に開催運営もご苦労な点が多々あったかと察しますが、中止にせずに開催いただきどうもありがとうございました。
選手、スタッフともに大変感謝申し上げます。
また来年も参加したいと思います。

退部ではなく、受験のために休部している選手のユニフォームだったんですね。
更にポップ係長が想定してなかった御礼のメッセージも添えられてました。
ありがたいですね。
更に少し聞いてみました。
「0番の本人も知らないのでは?」

(金子さん)
0番の選手は今年一度も参加してないので、恐らく知らないと思います。
チームで一番声を出してチームを引っ張ってくれたキャプテンが抜けたので、年初はどうなるかと心配もありましたが、今は残ったメンバー全員がチームを引っ張る意識を持ってくれているので、逆にチーム力が上がった気がしております。

イイ効果とは言えませんが、ほかのメンバーの自立を促したそうです。
いいお話ですよね。
残念ながら今年は敗退されてしまったメッツさんですが、
来年以降の参加も是非ともお待ちしております<(_ _)>

チーム内の選手・指導者・親子
それぞれのチームに筋書きの無いドラマやストーリーが
詰まっているんでしょうね。

こんなエピソードもありますよ。ってお話いつでも待ってます<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1603『チーム内グループ分けによる送信先の選別方法』

  

いつもありがとうございます。

ADかわたんです。

今回は、チーム様でスケジュール登録(※管理者権限をお持ちの方のみ実施可能)をした場合のメール送付先指定方法についてご案内したいと思います

少々長くなりますがお付き合いくださいませ

STEP1 チーム詳細情報からグループを登録

①管理者ログイン後のトップページから

チームプロフィール管理>チームプロフィール管理

をクリック

②任意のチーム(グループ)名を記入し、画面下の【確認画面へ進む】ボタンをクリックする。

③遷移した確認画面で【変更する】ボタンをクリックする。

④下記の画面へ遷移すればグループ分けは成功。

STEP2 選手登録情報にグループを紐付ける

①チームプロフィール管理>選手登録・編集

をクリック

②該当選手名上部にあるグループ名の中から

登録したいグループ名の左横のチェックボックスをクリックし、

画面下の【確定する】ボタンをクリック


下記の状態になればチェック成功。

③下記の画面へ遷移すれば選手へのグループ紐付けは成功。

STEP3 保護者会員情報と選手情報を紐付け

①会員管理>会員一覧

をクリック

②選手情報を紐付けたい保護者様の右横にある

【編集する】ボタンをクリック

③遷移したページで【あなたのお子様は?】部分に表示されている選手の名前をチェック


④チェックが下記の状態になったら、

【確認画面へ】ボタンをクリック

⑤選手名が間違えていないか確認し、

画面下の【完了画面へ】ボタンをクリック

⑥下記画面へ遷移すれば選手と保護者の紐付け完了

STEP4 スケジュール登録

①チーム運用管理>スケジュール登録

をクリック

②スケジュール登録登録の際に、対象チームを選択後、

【登録確認する】ボタンをクリック

③遷移したページの対象チーム部分でメールを送りたいグループにチェックを付け、画面下の【この内容で更新する】ボタンをクリック

④下記のページに遷移すれば成功

管理者様の操作は以上です。

①選手がチームに在籍している保護者様を登録したグループを作成

②スケジュール登録時に選手が在籍中の保護者様のみを送信先に選択

少し手間がかかりますが上記の流れで

スケジュール登録時のメール配信先をコントロールできます。

スケジュール登録時のメール送信先を選びたい場合はお試しくださいませ。

PostHeaderIcon vol.1567「大会参加承諾完了についてご案内」

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

10日より開始しております「大会参加承諾」についてお問合せが多いもの

についてご説明申し上げます。

1.大会参加承諾をサイト上で完了する

2.事務局から参加承諾確認メールが届きます。

※本メールは自動配信につき事務局からの再送は致しかねます。

3.届いたメール本文には

以下のURLにアクセスすると大会参加承諾手続きが完了します。

このURLをクリックしない限り大会参加承諾は完了しません。

大会参加承諾完了用URL:

http://www.〇〇〇〇・・・・

そこで会員様によって以下の表示がされることがあります。

この表示をご覧になると、事務局にお問合せされる方が多いのですが、

その前にご確認頂きたいことがございます。

1.会員ログインします

2.会員ログイントップページで以下の個所を見てください。

会員トップページ画面

赤い四角で囲ったところ

【現在のステータス】が【許諾】になっていればOKです!

なのでまずはこちらをご確認頂きたく存じます。

現在、本件のお問合せが非常に多くなっており、

対応に時間がかかっております。

皆様のご協力をお願い申し上げます<(_ _)>

PostHeaderIcon vol.1553『ポップアスリート縁の下の力持ち運営委員会の皆様について』

ポップアスリート公式Youtube「むーたくんTV」

いつもありがとうございます。

ADかわたんがお届けします!

ポップアスリートでは、3月になると、

【大会参加承諾】なるものが始まり、

大会へ向けての準備が進むことになります。

その裏で(?)

ポップ係長とむーたくんは

13回大会終了後から

14回大会実施に向け奔走しているわけです。

そんなポップアスリート事務局を

心強く支えてくださっているのが

ポップアスリート実行委員会の皆様です。

今回はそんな実行委員の皆様について

ご紹介したいと思います。

・心優しき審判委員長:籾山 創 公式審判委員長 

・全国どこでも出没中: 太田 優裕  公式審判員

・美声ととびっきりの気遣いで大会をサポート!! : 公式放送委員 古田 由紀様

・愛知のみんなを統率中! :   久門 義典 東海運営委員長

・子供たちを優しく見守る :   池田 由利子 東海運営委員

・説明でも審判でもなんでもござれ! :   有村 直之 鳥取運営委員

・広島拡散案模索中 :  森 明裕 広島/山口実行委員長

・目標は島根で40チーム! :   藤原 一也 島根運営委員

・子供たちを優しく見守る :   磯島 宏洋 三重運営委員長

もちろん、ここに名前をあげた方々以外にも

たくさんのご支援を頂いて大会の運営ができています。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

そしてこれからも変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いします。

PostHeaderIcon vol.1494『ポップアスリート星野仙一杯は2月中旬からエントリーを開始します!』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

先日ポップアスリートカップの名称がポップアスリート星野仙一杯に

なるとお伝えいたしましたよね。

今はエントリーページのリニューアル作業中ですが、

基本的な流れは昨年までとおんなじ。

昨年のことは知らん!と言われると困るのですが、

まずは管理者からのエントリーが必要となります。

これをして頂かないと何も始まりません。

また時期的に管理者の変更時期でもあるかもしれませんね。

これについても必ず実施しておいてくださいね。

ポップアスリートは管理者引き継ぎ機能があるので

簡単にバトンタッチが可能です。

管理者情報もきちんと整えて頂いて、

エントリーの開始をお待ちくださいませ<(_ _)>

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は naigaiball-1-e1544601903605.jpg です
キャプションを入力…

PostHeaderIcon vol.1492『第13回大会情報!大会名称変更!!』

  

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

ポップアスリートカップは第13回大会より名称を変更します!

昨年急逝された星野仙一永世名誉会長がおっしゃられ続けた

「野球のすそ野の拡大!」

「感謝の気持ちを忘れない」

「夢を持つ事の大切さ」

これをポリシーとして展開し続けてきたこの大会は

星野名誉会長の想いと共に成長してきたとも思っています。

その名誉会長の強い思いを大会を通じて発信し続けていくために

事務所の方々や遺族の方々のご了承を頂いた上で

大会名称にその名を刻んでいくこととなりました。

2019年の第13回大会からは

慣れ親しんだ「ポップアスリートカップ」あらため

「ポップアスリート星野仙一杯」とさせて頂きます。

どんなに機嫌を損ねていらっしゃる時でも、子供達の前では

笑顔で寄り添うように優しく話しかけられてらっしゃいました。

そんな名誉会長のように、野球界のすそ野を支える

子供達の励みとなり、身近に感じられるような

大会運営を続けていく所存です。

皆様、あらためて宜しくお願い致します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は naigaiball-1-e1544601903605.jpg です
キャプションを入力…

PostHeaderIcon vol.1491『ポップアスリート新メンバー紹介』

 

いつもありがとうございます。ポップ係長です。

2019年1月よりポップアスリートに新しいメンバーが加わりましたので

今日はご紹介いたします。

向谷拓巳(ムカイタニ タクミ)と申します。

昨年までNPBの東北楽天ゴールデンイーグルスに選手として

在籍していました。

ちょっと声が小さくて頼りなく見えるかもしれませんが、

彼は子供達に野球の楽しさを伝えていきたいという想いで

ポップアスリートプロジェクトに参加してくれました。

当然ながらポップアスリートを主催するNPO法人ヒーローインタビューでは

ポップアスリートだけでなく中高生部活応援プロジェクトも

運営しているので、そちらもドンドン前に出てもらって

様々なスポーツの裾野の拡大に尽力して参ります。

どうぞ皆様可愛がってやってくださいませ。

よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

PostHeaderIcon 『2019年あけましておめでとうございます』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

2019年を迎えました。

今年のポップアスリートカップは第13回を迎えます。

まだエントリーの準備はできておりませんが、

例年同様、参加費無料で日本一を目指せる大会を実施して参ります。

ポップアスリートカップは大会を通じて様々なメッセージを出していきます。

「子供達に野球の大切さを伝えたい!」

やらされるのでは無く、自分から”野球をやりたい”と思える子供達が

1人でも増えて欲しい。

昨今の野球離れに歯止めをかけたい。とかそんな大それたことでは無く、

一生懸命・楽しく頑張れる環境を周りの大人が一体となって

提供してあげられたらこんな素晴らしいことは無い。って思うのです。

ポップアスリートカップを主催するのはNPO法人ヒーローインタビュー。

今野球界が抱える問題を少しでも改善する一助になれれば・・・

そんな想いで運営して参りたいと思います。

ポップアスリートに関わる大人の皆様、

今年もお知恵とお力をお貸しくださいます様お願い申し上げます。

【ポップアスリートは1月4日より営業しております】

PostHeaderIcon vol.1489『期待の☆列伝!竹澤 侑来君 & 渡邉 侑耶君(中郷野球SS:茨城)』

 
いつもありがとうございます。ポップ係長です。

今日は記憶が薄れてしまう前に記録を残しておきたい選手の紹介。

その選手は関東クライマックスに出場してきた茨城県の

中郷野球スポーツ少年団の二人の選手。

竹澤侑来君と渡邉侑耶君。

同じチームで二人とも甲乙つけがたい逸材なので同時紹介です。

写真では判りにくいかもしれませんが、二人とも下半身がとってもドッシリ。

それだけでポップ係長の評価は高くなったりするんです(笑)

ただ太いだけじゃないんですよ、ガッチリといった感じですね。

関東クライマックスは2面同時進行なので、サブ面で試合を

していた彼らだった訳ですが、しばらくメイン面に戻れないくらいに

釘づけになってしまいましたね。


(こちらは主将も務める竹澤君。一昔前の城島選手のような風格です)

内側の甘いボールは回転で持っていってしまいそうな雰囲気です。

私なら外のスローボールで勝負ですね(笑)


(エースナンバーをつける渡邉君。)

地肩が強いのでしょうか。投げ方はまだまだ改善の余地が多いですが、

逆にこの投げ方で、100km/hは軽々超えてそうな速球を投げ込みます。

将来的には投手野手どちらでも活躍しそうな雰囲気。

もっと身体が大きくなって、投げ方が安定してくれば

期待がめちゃくちゃ膨らみます。

ちなみに二人でバッテリー交代するんです。

球も速いし、盗塁は出来ないし・・・こりゃ相手チームからしたら

お手上げになりそうなのですが、

対戦したのが、先に期待の☆列伝で紹介した高尾アローズの

剛腕斉藤投手だったのが、不運だったのかもしれません。

試合結果は1対2のごくわずかな差。

試合終了直後は敗戦が信じられない感じでうなだれた二人でしたが、

この悔しさをきっと忘れずに成長してくれるんだろうな。と

大きな期待だけを抱かせる二人でした。

竹澤君、渡邉君、これからも野球続けて頑張ってね。

今後の活躍を期待していますよ!!

Pick up words
Archives
Search